No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

今なお多くの人に愛される名作『ウィッシュルーム 天使の記憶』

2007年に生まれた名作

 

ニンテンドーDSが生まれて4年目の2007年。

一本の名作ゲームが生まれた。『ウィッシュルーム 天使の記憶』である。

 

f:id:if_broken:20210118141232j:plain

 

パッケージにも書かれているとおり、ニンテンドーDSで楽しめるミステリーアドベンチャーだ。



元刑事で、今はセールスマンをしている主人公、カイル・ハイド。

刑事時代の同僚で、行方をくらましてしまったブラッドリーを、刑事を辞めた今でも探し続けていた。

 

セールスマンとしての仕事で訪れた『ホテル・ダスク』。

カイルが宿泊することになった部屋は、願いが叶うという噂のある部屋だった。

 

そして、泊まり合わせた客たちは、なにか秘密を抱えている。

 

この宿泊客たちと関わっていくなかで、ブラッドリーの手がかりの気配を感じ始める。

 

宿泊客たちは、それぞれどのような秘密を抱えているのか。

願いが叶う部屋の噂の真偽は。

ブラッドリーの失踪の真相は。



ホテルという限られた場所で繰り広げられるミステリー。

10章立てで、続きが気になるストーリーとなっており、ついつい続けて遊んでしまう。



ニンテンドーDSで発売された意義を感じる

 

ストーリーも素晴らしいが、『ウィッシュルーム 天使の記憶』には、もう一つの見どころがある。

 

それは、ニンテンドーDSで発売されたことと関係している。

 

ニンテンドーDSは、

 

折り畳み式であること

2画面であること

下画面がタッチパネルになっていること

 

が特徴である。

このゲームは、ニンテンドーDSの特徴をうまく活かしているのだ。



まず、このゲームで遊ぶ場合は、ニンテンドーDSの本体を縦に持って操作する。まるで本を持っているかのように遊ぶことができるのだ。

 

そして移動は、タッチパネルに表示されたマップのマークをスライドすることで移動していく。もう片方の画面には、一人称視点が表示される。

 

f:id:if_broken:20210118141324j:plain

 

またストーリーの随所で謎解きがでてくるのだが、それらの謎を解くために、タッチ操作をする必要がある。

 

さらに、謎解きに関していうとタッチ操作ばかりでなく、ある場面では、ニンテンドーDSの本体を閉じることで解ける謎もある。



どのような操作が必要になるのかを考える楽しみも、このゲームの印象的な部分だ。



今プレイしても見劣りしない

 

最近のゲームは、グラフィックが非常に進歩している。

 

ニンテンドーDSは、CGでの表現が主流になってきた携帯ゲーム機であるが、ニンテンドー3DSなどに比べるとグラフィックの質は落ちる。

 

今遊ぶと、画面が見づらいと感じる作品も少なくはない。

 

しかし『ウィッシュルーム 天使の記憶』は、無理にCGを使っていない。

キャラクターは手書き風である。

 

f:id:if_broken:20210118141404j:plain

 

CGを使っている部分は、一人称視点の画面や、謎解き画面だけ。人物をCGにしていないから、それほど荒さは目立たないように感じる。



ストーリー、操作性、グラフィック。

どれを取っても、今プレイしても楽しめる。

 

いまだにSNSなどで、『ウィッシュルーム 天使の記憶』について投稿している人を多く目にするが、長く愛される所以を実感した。

 

 

ニンテンドーDSソフトウィッシュルーム 天使の記憶

 

 

 

 

ワイヤレスイヤホンで快適な音楽生活

機種変更とともにワイヤレスイヤホンへ

 

iPhone6 plus』を使って5年。

そろそろ機種変更をしなければと思い、『Google Pixel5』に買い替えた。

 

iOSAndroidという違いがあることはもちろんだが、もうひとつ大きな違いが

違いがあった。

 

それは、有線のイヤホンが使えなくなったことだ。

 

中学生のときに、初めての音楽プレイヤーとして『iPod nano』を持ってから、ずっと有線イヤホンを使い続けてきた。

 

f:id:if_broken:20210118142656j:plain

 

無線が主流になってからも、なんだかあまり使い勝手が良くなさそうで、有線イヤホンにこだわっていた。



しかし、スマホ本体にイヤホンジャックがないのだから仕方がない。

 

機種変更をきっかけに、私はワイヤレスイヤホンを使い始めた。



移動中はワイヤレスイヤホンが最適

f:id:if_broken:20210118142725j:plain

 

結論から言うと、ワイヤレスイヤホンを使い始めてよかったと思っている。

今まで有線イヤホンを使っていて、感じていたイライラを解消してくれたのだ。

 

買い物帰りなど、荷物を多く持っているときに、イヤホンのコードが引っかかって耳から抜けてしまったり、取り出したらコードが絡まっていたり。

 

そんな風に使っていたら、断線してしまうこともある。

 

それらは、ワイヤレスイヤホンであれば、一切気にする必要はない。



私が購入したのは、JVCのワイヤレスイヤホンだ。

 

 

 

安価なので、それほど目立つ機能はないものの、防水やハンズフリー通話などの最低限の機能はついている。

 

また、本体のボタンによって、再生や一時停止、スキップや音量調整ができる。わざわざスマホを取り出す必要がなくなる。

 

4時間の連続再生もできるので、日常的に使う分には何の不満もない。



ワイヤレスイヤホンのデメリット

 

ただ、ワイヤレスイヤホンにして良いことばかりではない。

 

これは私が有線イヤホンにこだわり続けていた理由でもあるのだが、ワイヤレスイヤホンは充電が必要となるため、充電を忘れてしまうと使えなくなる。

 

何度か、使いたいタイミングで使えなくて困ることとなった。

 

これは定期的な充電を心がけるようにしていくしかない。



そしてもう一つは、音切れすることがあるということだ。

 

ワイヤレスイヤホンはBluetooth接続をするため、周囲にワイヤレスイヤホンを使用している人がいると、混線が原因で音切れすることがあるらしい。

 

音切れの問題は、ワイヤレスイヤホンの品質に関わらず、どうしても起きてしまう問題らしいので、我慢するほかない。



ワイヤレスイヤホンに対する不満もあるが、移動中などに有線イヤホンを使っているときに感じていたイライラに比べれば、些細な問題である。

 

 

 

Spotifyで日常生活にゲーム音楽を

Spotifyなら叶えてくれる

 

ゲームを彩る音楽。

 

ゲーム性やストーリーも、ゲームの魅力であるが、やはり音楽も気分を盛り上げてくれる要素だ。

 

長くゲームをやっていると、このゲーム音楽を日常的に聴きたくなることがある。

 

パソコン作業をしているとき。

家事をしているとき。

 

あらゆるときに、ゲーム気分に浸りたい。

 

Spotifyは、そんな願望を叶えてくれる。



見つかるお気に入りのゲーム音楽

f:id:if_broken:20210115114233j:plain

 

Spotifyでは、たくさんのゲームサントラが配信されているのだ。

 

最近の、壮大なゲーム音楽はもちろん、昔の8bitのゲーム音楽もある。

 

もちろん世に存在する全てのゲームサントラが公開されているわけではないのだが、かなりの数が配信されているし、公開数は日に日に増えている。

 

プレイしたことがあるゲーム。

プレイしてみたいと思っていたゲーム。

 

それらのサントラが、いくつかは見つかるのではないだろうか。



ただSpotifyを使っている中で、気になっている点がある。なかなかアルバムや楽曲を探すのに手間取ってしまうのだ。

 

Spotifyでは、カテゴリごとに楽曲がまとめられている。

ゲームサントラであれば、ゲームのカテゴリにまとめられているのだ。

 

しかし、そのカテゴリのページ内では、公開されているすべての楽曲は表示されない。

 

目的の楽曲が公開されているかどうかがわからないまま、検索をかけなくてはならない。

 

検索した挙句、公開されていない楽曲である場合も少なくないし、もしかすると検索するワードがいけない可能性もあるわけだ。



そこで、こちらのサイトを利用すると便利だ。

 

video-game-music.net

 

こちらのサイトでは、Spotifyをはじめとした音楽配信サイトで聴けるゲームサントラの一覧が公開されている。

 

サイトはできたばかりのようで、現在でも少しずつ改良されている。

 

今後も使いやすくなっていくと思われるので、ここからお気に入りのゲームのサントラを探すのもよいのではないだろうか。



Spotifyでプレイリスト公開中

 

Spotifyでは、作成したプレイリストを公開することができる。

 

私が作業などの時に使いたいプレイリストを、独断と偏見で選曲して作成した。

 

 

全ての楽曲から選ぶと膨大な時間がかかってしまうため、偏りは出てしまっているが、今後も少しずつ更新していければと思う。

 

こちらから聴くことができるので、ゲーム気分に浸ってもらいたい。

 

 

エーフィと私

一番好きなポケモン「エーフィ」

 

私が幼稚園に通っていたとき、ポケモンは誕生した。

その当時は151匹だった。

 

151匹からはじまったポケモンも、いまや1000匹近くになっている。

そこまで増えてはいるが、私の一番好きなポケモンは昔から変わらずエーフィである。

 

f:id:if_broken:20210115134504j:plain

 

子どものころから、なぜだか紫色が好きだったから、紫色のポケモンが好きになったのだろう。

 

ただ、理由はそれだけではない。

 

エーフィを手に入れるまでに、いろいろな苦労があった思い出もまた、思い入れを強くしているように思うのだ。



なかなかエーフィに進化してくれないイーブイ

エーフィが初めて登場したのは、1999年に発売された『ポケットモンスター金・銀』。私が7歳のときである。

 

当然、インターネットでゲームについて調べる習慣などなく、ゲームの情報は雑誌やテレビ番組、友達からの噂話で仕入れるしかなかった。

 

コロコロコミックかなにかで

 

エーフィのビジュアル

イーブイが進化した姿であること

分類が「たいようポケモン」であること

 

は知っていた。

 

それ以上のことは知らなかったのだが、そのビジュアルから、一目で好きになった。

f:id:if_broken:20210115134216j:plain

 

しかし、いざゲーム内で手に入れようとしても、なかなかに苦労するのである。

なぜなら、進化の条件がわからないのだから。

 

そこで私は、一つの仮説を立てた。

 

エーフィはイーブイが進化した姿。

一作目の『ポケットモンスター赤・緑』でも、イーブイは進化する。

 

炎タイプのブースター。

水タイプのシャワーズ

電気タイプのサンダース。

 

それぞれの進化の条件は「ほのおのいし」「みずのいし」「かみなりのいし」というアイテムを使うことだった。

 

ここでエーフィの分類を思い返す。「たいようポケモン」である。

 

実は『ポケットモンスター金・銀』では、エーフィと対になる存在として、ブラッキーというポケモンも追加されていた。

 

このブラッキーは「げっこうポケモン」である。

 

月光、つまり月。

つきのいし」というアイテムは、一作目から存在している。

 

では、太陽はどうだ。

たいようのいし」は、なんと二作目から新たに追加されていた。



これだ。

ちょうどよいアイテムが追加されるという。これほど出来過ぎた状態は、意図したものだろう。

 

私はさっそく、イーブイに「たいようのいし」を使った。



結果、イーブイはなにひとつ反応せず、仮説は崩れ去った。



一番濃厚だと思っていた仮説を失った私は、どうすることもできず、とりあえずイーブイを育てることにした。

 

あるとき、イーブイのレベルがあがった。

突然、それは訪れた。

 

イーブイが進化を始めたのである。



私はただただ嬉しかった。

まったく条件はわからなかったが、進化するのだから。



しかし、進化した姿はブラッキーだった。



その後も何度か進化させたが、何度やってもブラッキーが誕生してしまった。



入手までに苦労したからこそ

f:id:if_broken:20210115134250j:plain

 

正解を言ってしまうと、エーフィの進化条件は「朝・昼の時間帯にイーブイをなつかせた状態でレベルアップさせる」である。

 

ポケットモンスター金・銀』には時計機能が追加されており、現実の時間とゲーム内の時間をリンクさせることができる。この機能を活かした進化条件になっていたのだ。



ちなみにブラッキーは「夜の時間帯にイーブイをなつかせた状態でレベルアップさせる」。

 

私が何度もブラッキーを誕生させてしまったのは、夜の時間帯にばかりゲームをしていたからである。

 

日中は学校に行っていて、帰宅した頃には夜の時間帯になってしまっていたため、なかなか難しかった。

 

休日であれば、朝の時間帯にゲームをすることもできただろうが、あいにく朝からゲームをすることは許されていなかった。

 

そんなこともあり、エーフィの入手難度はとても高かったが、後に手に入れた攻略本で進化条件を知り、なんとか昼の時間にレベルを上げることができ、イーブイをエーフィに進化させることに成功した。



こんな苦労もあったからこそ、進化した時の喜びもひとしおだったし、愛着も強くなった。



ポケットモンスター金・銀』以降も、イーブイが出る作品では、必ずエーフィに進化させて、レギュラーメンバーとして使っている。

 

f:id:if_broken:20210115134426j:plain

 

ポケットモンスターソード・シールド』では、一部のポケモンが登場しないが、今後もイーブイが出続ける限り、私はエーフィを使い続けることだろう。

 

 

 

 

AとB、どちらがいい?

「AとB、どちらがいい?」

 

こう聞かれたら、あなたはなんと答えるだろう。

 

だいたいの人は「A」もしくは「B」と答えるはずだ。

 

ただ、私のような天邪鬼な人間は「C」とか「D」とか、与えられてもいない選択肢を持ち出すことがある。



「今日の夕食は、和食と洋食のどっちがいい?」くらいの、人生になんの影響も与えないような質問であれば、「中華」とか、与えられていない選択肢を選んでも良い。

 

しかし、真剣な場面での質問は、与えられた選択肢から答えを選ぶべきだ。

 

私は、与えられていない3つ目の選択をして、酷い目にあったことがある。



公園で起きた事件

f:id:if_broken:20210107133239j:plain


時は遡り、小学生時代。

 

小学校低学年だろうか、はっきりとは覚えていないが、とにかくまだ世の中のこともよくわかっていない年頃だった。

 

私は近所の公園で、幼稚園からの友達と二人で遊んでいた。

 

今でこそ遊具は撤去され、がらんとした公園になっているが、その当時はブランコや滑り台、シーソーなど、小さいながら充実した公園だった。



私は滑り台の近くで楽しく遊んでいた。

が、そんな楽しい時間も、すぐに終わりを迎えた。

 

視界の端に、黒い大きな影を見た私は、そちらに目をやった。

 

黒い大きな犬が、公園に駆け込んでくるところだった。

 

一瞬で「やばい」と悟った私は、一目散に駆け出した。ただ、犬を相手に直線で走っても勝ち目はないだろうという、冷静だかなんだかわからない思考から、私は滑り台の周りをぐるぐると周ることにした。



途中、滑り台の上から友達の声を聞いた。

最初から滑り台の上にいたのか、隙を見て上ったのかはわからないが、彼は滑り台の上にいて、私にも滑り台に上るように促した。

 

そんな余裕はない。

 

私は勝ち目のない勝負に挑み続けていた。



しかし小学校低学年の体力なんて高が知れているもので、数分ともたずに疲れ切った私は、最終的に足をとられて勢いよく転んだ。

 

ふと顔をあげると、飼い主らしき女性が犬のリードを握って心配そうにこちらを見ている。

そして友達も、私の顔を覗き込む。

 

勢いよく転んだものだから、手や足などいたるところを怪我した。

 

一番ひどかったのは、左ひざである。

思い切り擦りむき、かなり出血していた。

 

私は友達に連れ帰られ、母への説明まで友達がしてくれた。

そして事情を知った母に、近所の病院へ連れていかれることとなった。



存在しなかった3つ目の選択

 

病院で傷の状態を確認した医師は、これから行う処置を私に説明した。

 

場所が公園だったため、傷口にはたくさんの砂粒が入り込んでいた。

そのまま傷がふさがると、皮膚の中に砂が残ってしまい、見た目にも悪くなるため、砂粒を除去する必要があるというのだ。

 

そして、ここで2つの選択肢が与えられた。

 

1.麻酔をしたうえで、ブラシを使って砂粒を取り除く。

2.液体窒素を使用したうえで、ブラシを使って砂粒を取り除く。

 

液体窒素の使い方はいまいちわからないが、おそらく冷却して麻痺させるとかなのだろう。

 

私は「なにも使わずに、ブラシを使って砂粒を取り除く」という選択をした。



今考えると馬鹿でしかないが、当時は極度のびびりだった。

そんな私の前に、麻酔だの液体窒素だのと、わけのわからないものを並べられたところで、「はいそうですか」と了承するわけがなかった。

 

医師も、周りにいた看護師さんも、母も、全員が私を説得したが、断固として拒否しつづけた。

 

結果、「なにも使わずに、ブラシを使って砂粒を取り除く」という私の案が可決された。



処置中は痛かったのか、全く覚えていない。

おそらく痛かったのだろう、ずっと泣き続けていた記憶だけがある。

 

おそらくというか、痛くないわけがない。

できたばかりのそこそこ大きな傷を、直接ブラシでこすっているのだから。



長かったのか短かったのかもわからない時間を過ごし、傷の処置は無事に終わった。

 

泣きすぎて高熱を出した私は、母に連れ帰られた。

 

高熱が出て病院に行くならまだしも、病院に行って高熱を出すことになるとは思いもしなかった。



与えられた選択肢には背かない

 

この無駄な頑張りの甲斐もあり、砂粒一つ残らずに傷は完治した。

ただ傷の大きさのせいもあって、20年以上経った今でも、皮膚が少し盛り上がっている。



犬の飼い主の女性は、後日菓子折りを持って謝罪に来たようだった。

 

母は、それだけで済まされたことに怒っていたが、私はこれでよかったと思っている。

 

私が負った怪我は、転んだときのものだけ。

転んだ後に、犬が噛みついてくるようなことはなかったのだ。

 

飼い主から自由になった犬が公園に入ったところ、子どもが走り出したものだから、遊んでもらえると思って追いかけた、とかそんなところだと思う。

 

それなのに保健所送りなどにされたら、それはそれでかわいそうだ。



ただ一つ言えることは、病院などの真剣なシチュエーションで与えられた選択肢には、絶対に背かない方が良いということである。