No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

子どものころの夏休み気分に浸れる『妖怪ウォッチ』

子ども向けは思い違い

 

夏休み、自由研究のために、山へ虫取りに行った。
ところが、そこで出会ったのは虫ではなく、妖怪だった。

 

普通の小学生である主人公が、妖怪執事と名乗る『ウィスパー』と出会い、妖怪ウォッチを渡されたことがきっかけで、街中に潜む妖怪たちも見えるようになってしまうところから、ストーリーが展開していく。


妖怪ウォッチ』は、2014年頃に子どもたちの間でブームになった作品だ。

 

f:id:if_broken:20210509134150j:plain

 

当時の私は、あくまでも子どもの間でのブームであって、ゲームそのものも子ども向けに作られているものだと思っていた。

それは完全な思い違いであることに、気づかされることになった。

 

手軽に育成ゲームのワクワクを感じられる

 

一番魅力を感じたのは、手軽に育成ゲームを楽しめるという点だ。

 

戦闘は妖怪たちが自動で戦ってくれる。
プレイヤーがすることといえば、回復のためにアイテムを与えたり、妖怪を入れ替えたり、必殺技を使ったり。

 

f:id:if_broken:20210509134234j:plain

 

それがゲームとしてつまらないかというとそんなことはなく、手軽ゆえに誰でも楽しめるのではないかと思う。

 

妖怪の強化も、敵の妖怪を倒して経験値を得てレベルアップさせていくのだが、経験値玉というアイテムを使うことでもレベルアップができる。

 

妖怪の中には、一定のレベルに達することで進化するものもいる。
手軽ながらも、育成ゲームならではのワクワクを、しっかりと感じることができるのだ。

 

日常に追われる大人にプレイしてもらいたい

 

本作では、主人公の自宅がある『さくらニュータウン』をはじめ、様々な町を歩き回ることになる。

 

多くの人が行き交う都会。
川のせせらぎが聞こえる山の中。
自然が溢れる田舎町。

 

f:id:if_broken:20210509134320j:plain

 

歩き回っていて感じたのは、子どものころの夏休みだった。
まるで子どもの頃に戻ったような、そんな懐かしさに浸りながら、ストーリーを進めている私がいた。

 

これもまた、大人でも楽しめる魅力なのではないだろうか。

 

日常に追われている大人に、ぜひあの頃の思い出を胸に、プレイしてもらいたい作品だ。

 

f:id:if_broken:20210509134350j:plain



ニンテンドー3DSソフト妖怪ウォッチ

 

 

 

十数年の時を経たリベンジの果ての新たな発見『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』

ドラゴンクエストエデンの戦士たち』への再挑戦

f:id:if_broken:20210508154730j:plain

 

ドラゴンクエストエデンの戦士たち

私が初めて触れたドラクエシリーズであり、初めて挫折を味わった作品でもある。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

オリジナルは、2000年に発売されたプレイステーション版である。それから13年後の2013年に、ニンテンドー3DSでリメイク作が発売された。

 

プレイステーション版は、ネットが普及していなかった時代背景に加え、ゲームそのものの難易度が高かったが、ニンテンドー3DS版は、そのあたりが緩和されている。

 

私は、大人になって改めて、ニンテンドー3DS版にリベンジし、無事にクリアした。

クリアしてみて、子どものときにはなかった感情を抱いた。

 

難易度、ストーリー展開、すべてが悪印象だった

f:id:if_broken:20210508154823j:plain

 

正直に言うと、『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』には、良い印象が無かった。

 

何度も書いているように、難易度が高く、挫折してしまったのも理由の一つではあるが、もう一つ理由がある。


誰がとはいわないが、メインキャラクターがストーリーの比較的序盤で離脱してしまうのだ。

 

当時から、冒険を進めて、仲間が徐々に増えていくストーリー展開が好きだった私には、このキャラクターが離脱するというのに納得ができなかった。

 

ただ、ドラゴンクエストシリーズでパーティメンバーが離脱することは、決して珍しいことではない。ストーリーの途中で一旦離脱し、またストーリーが進むことでパーティに戻ってくる。

 

ところが本作で離脱するキャラクターは、離脱した後、二度と戻ってくることはない。

 

ドラクエシリーズにおいて、メインのキャラクターが永久に離脱してしまうというのは、後にも先にも本作だけではないだろうか。

 

この『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』の特殊なストーリー展開に、どうしてもなじむことができなかった。

 

ところが、大人になってみると、ものの見方は変わるものである。
離脱するキャラクターと、後々仲間になるキャラクターの関係性を改めて考えたところ、これも一つの形なのではないかと思えたのだ。

 


そして迎えるエンディング。

 

本作は石板がストーリーの鍵となっている。
世界中を巡って石板の欠片を探し、石板を完成させることで新たな世界に旅立てる。

 

そんな石板は、エンディングでも重要な役割を担っている。

 

エンディングだけで言えば、『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』がシリーズ中で最も好きだと感じた。


やはりゲームは、プレイする年齢によって感じ方が変わるのだと、改めて実感した。

 

十数年の時を経て

f:id:if_broken:20210508154903j:plain



ゲームなんて、やりたくなければやらなくても良いものだ。
子どもの頃の挫折から、このゲームに触れずに生きていくこともできただろう。

 

けれども、私は今一度『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』に触れてみる選択をした。

 

 

そして、新たな発見をすることができた。
あのときには見えなかったものが見えた。

 

十数年の時を経てでもクリアしてよかったと思う。

 

 

ニンテンドー3DSソフトドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

 

PSソフトドラゴンクエストVII エデンの戦士たち[PS one Books]

爽快感を追求したゲームデザインに感心させられる『無双OROCHI』

無双シリーズの元祖とが混ざり合ったお祭り的作品

 

ゼルダの伝説』の世界を舞台にした『ゼルダ無双』。
ONE PIECE』のキャラクターが大暴れする『海賊無双』。

 

今や人気ジャンルの一つとなっている無双シリーズ
数多くの敵をなぎ倒していく、爽快感があるゲーム性が特徴である。

 

無双シリーズの元祖とも言える存在が、『戦国無双』と『三國無双』ではないだろうか。

 

そんな『戦国無双』と『三國無双』のキャラクターが一堂に会する、いわばお祭り的な作品が『OROCHI無双』だ。

 

f:id:if_broken:20210508173946j:plain

 

戦国と三国志が混ざり合うという、一風変わったストーリーもさることながら、爽快感を追求したゲームデザインに感心した。

 

爽快感を追求したゲームデザイン

 

f:id:if_broken:20210508174041j:plain

 

大きな刀や薙刀を武器にしているキャラクターは、その武器を振り回して周りの敵を一掃する。


それは容易に想像ができると思う。

 

しかし中には、『無双』というゲームにふさわしくなさそうな武器も登場する。
たとえば、諸葛亮小喬というキャラクターは、武器として扇を使用する。

 

一見すると、充分な爽快感が得られそうにない武器だ。

 

しかし、実際に使ってみると、しっかりと爽快感が得られるのだ。キャラクターの動きを見てみると、武器に関わらず、敵を一掃できるようなモーションが作られていることに気づく。

 

武器による難易度の違いはあれど、武器によって『無双』というゲームの楽しさを損なうことはない。

 

日々のストレスを拭い去るように

 

f:id:if_broken:20210508174143j:plain

 

メインとなるゲームモードであるストーリーモードは、一つ一つのクエストが短時間で終わるようになっている。
隙間時間でも、少しずつ進めていけるのだ。

 

また、短時間で終わるからこそ、手軽に爽快感が得られる。

 

私は、就寝前にクエストを一つずつ消化していったのだが、一日のストレスが少し和らいだような気がしている。

 

ストレス社会の今だからこそ、無双シリーズも人気になっているのかもしれない。
そんなことを感じた作品だった。

 

 

PSPソフト無双OROCHI

 

PS2ソフト無双OROCHI [通常版]

 

XBOX360ソフト無双 OROCHI

 

 

 

『Shark』のコードレスクリーナーは、生活が豊かにしてくれる

掃除に時間を使うのはもったいない

 

暮らしを豊かにする一歩。
まず部屋を綺麗にしておくことは欠かせない。

 

週末は掃除の日と、気合を入れて毎週掃除をしているという人も少なくないのではないだろうか。

 

かういう私は、週末に時間を取られるのが嫌なので、まとめて掃除をすることはない。

 

まとめて掃除をしたところで、生活をしている以上は常に汚れていってしまう。それなのに時間を使うのはもったいないではないか。

 

そんなふうに思ってしまうのだ。

 

しかし、一切掃除をしないわけにはいけない。掃除をしなければ、あっという間にゴミ屋敷だろう。

 

毎日少しずつの掃除を支えてくれる『Shark』のクリーナー

 

そこで私が掃除をするときは、このような心持ちで取り組んでいる。

 

部屋の汚れを完璧にゼロにするのではなく、汚れを少しでも減らす。
日々、少しずつ汚れをなくしていけば、少なくとも現状維持はできる。


常に完璧を求めていては、疲れてしまう。であれば、このくらいの軽い気持ちでもいいのではないかと思っている。

 

こういう私の掃除に対する考え方を支えてくれているものがある。
『Shark』のコードレスクリーナーだ。

 

f:id:if_broken:20210507222559j:plain

 

『Shark』のコードレスクリーナーは、デザイン性に優れ、コンパクトで扱いやすいのが特徴だ。

 

初めて見たときから、デザインに惹かれて購入を決めていた。

ところが、いざ使ってみると、デザイン性だけではなかった。

 

アタッチメントの着脱は片手で簡単にできる。
ふと目についた汚れも、さっとクリーナーを取り出して、さっと綺麗にできる。

本体に溜まったゴミの取り出しも、ほぼ手を汚すことなく、簡単にできてしまう。

 

手軽だからこそ、気になったときに、すぐに動くことができるのだ。

 

生活を豊かにしてくれる良い買い物になった

f:id:if_broken:20210507222635j:plain

 

『Shark』のコードレスクリーナーを購入するまで、掃除をするのがおっくうで仕方なかった。多少の汚れは後回しにしてしまうこともあった。

 

しかし、『Shark』のコードレスクリーナーを購入してからは、気になったらすぐ掃除をするようになった。


おかげで、生活環境は非常に安定した。

 

掃除機やコードレスクリーナーの中では安価であるが、少なくとも私にとっては手軽に購入できるものではなかった。

 

しかし今となっては、多少無理をしてでも購入してよかったと思っている。

 

だって、これだけでも生活が豊かになったのだから。

 

 

 

 

 

『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』魔王を倒すことだけが正義なのか

ばらばらなストーリーが一つに収束していく

 

今まで数多くの『ドラゴンクエスト』シリーズ作品をプレイしてきた。
その中で、一番好きな作品が何かを問われれば、私は『ドラゴンクエスト導かれし者たち』だと答える。

 

f:id:if_broken:20210425123153j:plain

 

ドラクエの一歩を踏み出したきっかけは、叔父から借りた『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』だった。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

しかし、当時小学生だった私は、シリーズ随一の難易度と言われている『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』を前に挫折してしまった。

 

その後、再び叔父から渡された『ドラゴンクエスト導かれし者たち』をプレイし、見事クリアまでたどり着いた。


初めてクリアした作品だというのが、『ドラゴンクエスト導かれし者たち』が一番好きな作品だと思える最たる理由かもしれない。

 

ドラゴンクエスト導かれし者たち』は、シリーズの中で唯一オムニバス形式が取られている。

 

ストーリーが1章から5章に分かれており、それぞれで操作キャラクターが変わる。

しかしどのストーリーも無関係ではない。

 

5章では、1章から4章で操作したキャラクターが仲間になり、最終的にはパーティとして行動することになる。

 

f:id:if_broken:20210425123220j:plain

 

一見ばらばらなストーリーが、徐々に繋がっていく展開は、個人的に好きなのだ。

 

魔王の抱える悲しみ

 

魔王の抱えるものが描かれているところも、また異色である。

 

世界を制服しようとする魔王を、勇者が倒す。
それが、RPGの王道だ。

 

もちろん『ドラゴンクエスト導かれし者たち』も、勇者が魔王を倒すことになるのだが、魔王が魔王である理由がなんとも悲しいものなのだ。

 

ストーリーの最後、魔王と対峙する。

普段なら意気揚々と倒しにかかるのだが、『ドラゴンクエスト導かれし者たち』では、魔王を倒すことが本当に正義なのか、と考えされられた。

 

 

だから私は『ドラゴンクエスト導かれし者たち』が一番好きだと答える

f:id:if_broken:20210425123254j:plain

 

最初から最後まで、一人の主人公にスポットを当てる作品も好きではある。

ただ、主人公が切り替わることで、他作品よりも仲間キャラクターにも愛着が湧いてくる。


徐々に繋がっていくストーリー。

そして、生まれて初めてクリアしたドラクエ

 

ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて』は、シリーズ30周年にふさわしい作品だったし、『ドラゴンクエスト天空の花嫁』の3代に渡る壮大なストーリーも魅力的だった。

 

ただ私はこれからも、一番好きなドラクエを問われれば『ドラゴンクエスト導かれし者たち』と答えると思う。

 

 

ニンテンドーDSソフトドラゴンクエストIV ~導かれし者たち~/p>

 

apps.apple.com

 

play.google.com