No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

北九州の誇りにあやかったネジチョコを食す

北九州のイメージは悪い

 

私は北九州市の出身だ。

北九州市と聞くと、あまり良いイメージを持たない人は多いかもしれない。

 

だいたいの人の頭に浮かぶのは、派手な成人式だろう。

それから、あまり治安が良くないというイメージも持たれるだろうか。

 

福山雅治さんも北九州について「長崎生まれの僕にとってのイメージは不良として別格な土地なんです。」と、インタビューで語っていた。

 

bunshun.jp

 

私が言うのもなんだけど、全てにおいて否定はしない。

 

特に成人式の派手さは身をもって体感している。ドナルドマクドナルドのコスプレをした集団が、ケンタッキーの前にたむろしていたのを見かけたことは、成人式の思い出の一つにすらなっている。



製鉄所にあやかったネジチョコ

 

ただ悪いイメージばかり持たれるのは不本意だ。

 

北九州にはいろいろと推しているものがある。

映画の街として、頻繁に映画撮影が行われていたり、マンガの街として、マンガがメインの施設があったりする。

 

そして製鉄所もある。

あまり目立ってはいないが、いちおう世界遺産にも登録されている。

 

施設そのものは立ち入りができないため、世界遺産としての存在感を活かしきれていないのだが、その代わりと言わんばかりに、鉄をモチーフとしたネジチョコというお菓子がお土産物として売られている。

 

ボルトとナットをかたどったチョコ。

ココアパウダーが振りかけられており、チョコレートの色とあいまって、錆びた鉄の質感を再現している。

 

f:id:if_broken:20210908144256j:plain

 

 

精巧さが光る

 

と、ここまでは単に、世界遺産となった製鉄所にのっかっただけの土産物程度に思われるかもしれない。

 

しかしそれだけではない。

 

ネジチョコはネジをかたどっているだけでなく、精巧に作られており、実際にボルトとナットを締めることができる。

 

狂いがあっては締めることができないものを、チョコレートで再現しているのだ。

 

素人目に見ても、それはすごいことなのではないかと思う。



食べてみるとチョコレートとしても美味しい。

 

私自身、チョコレートは大好きなのだけど、ものによっては独特な味がすることがあり、そういうのはあまり好きではない。

 

ネジチョコはシンプルなチョコレートで、甘すぎず、美味しいチョコレートだった。少なくとも私の好みには合っていた。

 

f:id:if_broken:20210908144245j:plain

 

難点があるとすれば、精巧に作られているゆえに、食べるのがもったいないと思ってしまうことくらいだろうか。



北九州には誇るものがたくさんある。

そういう地に生まれ育ったことは、私の人生のちょっとした自慢だったりする。



 

 

 

『あたらしい あたりまえ。』荒んだ心の栄養に

生活の工夫が詰まった一冊

 

松浦弥太郎さんのエッセイ『いつもの毎日。 衣食住と仕事』。

読んでいて心地よい一冊だった。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

そこから松浦さんの作品で、自分に合いそうなものを探すようになった。

 

そんなとき見つけたのが『あたらしい あたりまえ。』である。

 

f:id:if_broken:20210904171219j:plain

 

自分の暮らしにも取り入れられそうな工夫が詰まっていて、読みながら、もし自分の生活に取り入れるなら、どんな感じになるだろうと妄想を膨らませていた。

 

妄想するだけでも楽しいのだけれど、私にとっては無気力な日常の救いの手となってくれるような存在だった。



環境を整えようと前向きにさせてくれる

 

なにに対してもやる気が起きない、無気力な日常を送るようになってしまっていた時期がある。その原因の一端は、考えることのない生活が原因だったように思う。

 

考えることをしなくても、毎日決められたことをやっていれば一日は過ぎていく。

 

そんな生活を送っているうちに、なんだかすべてがどうでもいいような、そんな気持ちになっていった。

 

気づけば生活環境も崩れ始めていた。

 

掃除もおっくうになり、いたるところが汚れ放題になってしまう。そうなるとさらに掃除が面倒になり、汚れ具合がとどまることはなくなった。



そんなとき、ふと目に入った『あたらしい あたりまえ。』。

ページを繰るとそこには、荒んだ心を明るくするような文章が綴られていた。

 

そして自分の生活環境を見渡してみて、改めて環境の荒れ具合が目についた。

 

けれどもそれが気分の落ち込みにつながるでもなく、むしろ整えようという前向きな気分にさせられた。

 

きっと読み心地のよい文章のおかげだったのだと思う。



心の栄養のような

f:id:if_broken:20210904171230j:plain

 

今、あまり外に出ることなく、家で過ごす人も多くなったのではないだろうか。

外に出ないと、どうしても毎日が同じことの繰り返しになってしまいがちだ。

 

外に出ることはあっても、たとえば仕事のためとか、買い物のためとか、日常生活の中の決められた行動によるものだとすれば、それは家にこもっているのとたいして変わらない。

 

とはいっても、大手を振って外を出歩くわけにもいかない。

 

『あたらしい あたりまえ。』に書かれていることのほとんどは、自宅でもできることなのだ。

 

読んで、自分の生活にどのようにしたら取り入れられるかを考えて、手軽に生活に変化を与えられる。もちろん読んで考えるだけでも、少し楽しい気分になり、生活を、身の回りを整えようと思えることだろう。



生活に疲れたときの、心の栄養のような本だと感じた。





 
 
 

シンプルだから初めてでも触れやすい『GB原人』

PCエンジンから生まれた『PC原人

 

PCエンジンというゲームハードがある。

 

私は未だ、このゲームハードに触れたことはない。そもそも現物すら見た記憶がない。

ゆえにどのようなゲームが発売されているのかも、よくわかっていない。

 

そんな私でも知っている、PCエンジン用のゲームソフトが一つだけある。

 

PC原人』だ。

 

PCエンジンの名をもじってつけられたそのタイトルは、一発でPCエンジン用のゲームソフトであることを知らしめる。



いつしか有名ゲームシリーズの一つとなった原人シリーズは、その後ファミコン向けの『FC原人』やゲームボーイ向けの『GB原人』も発売された。



シンプルで遊びやすい

 

私はよく、ゲームショップのワゴンを漁っている。

ワゴンの中には、見たこともないようなゲームソフトが溢れかえっていて、そこから新たな出会いをすくいあげるのが、たまらなく楽しいのだ。

 

その日もワゴンを漁っていたのだけど、ふと見覚えのあるキャラクターが目に入った。坊主頭の可愛らしいキャラクター。



ゲームボーイの『原人コレクション』だった。

 

f:id:if_broken:20210831175507j:plain

 

『原人コレクション』は、ゲームボーイで発売された『GB原人』『GB原人2』『GB原人ランド ビバ!ちっくん王国』の3作品が収録されたものらしい。

 

私は迷うことなく、すぐに購入した。



こうして私の原人シリーズ初挑戦の作品は『GB原人』となった。

 

f:id:if_broken:20210831175525j:plain

 

Aボタンでジャンプ、Bボタンで攻撃しながら、ゴールを目指して進んでいく。

道中に落ちている肉を取るとパワーアップし、Bボタンを押したときの攻撃が変化する。

 

いわゆるスタンダードな横スクロールアクションゲームだ。

 

言ってしまえば、取り立てて特徴はないのかもしれない。でもそれは、つまりシンプルで遊びやすいということだとも言える。

 

ゲームボーイの作品ということもあり、短時間でさくっとクリアできるのも、シンプルさをより強調させる。

 

難易度もそれほど高くはない。

私でも1時間ほどで、クリアすることができた。



ゲームはボリュームが大切と言われる今となっては、ボリューム不足と言われるのかもしれない。

 

しかし娯楽で溢れた現代では、こうやって短時間で最後まで楽しめるゲームの存在も欠かせない。そう私は思っている。



新たな出会いをくれた一作

f:id:if_broken:20210831175539j:plain

 

 

『GB原人』はクリアしたけれど、まだ『GB原人2』『GB原人ランド ビバ!ちっくん王国』という楽しみが残っている。

 

今から楽しみで仕方がない。

なんだったら、他のハードの作品にも触れてみたいとすら思う。

 

どんなゲームかは知っていても、実際に触れてみないと魅力はわからないもの。

 

だからこそ、これからもいろんな作品に触れてみよう。

そんなふうに思わせてくれる、新たな出会いをくれた。

 

 

GBソフトGB原人コレクション ゲーム缶VOL.3 (箱説なし)

 

 

 

『ファイナルファンタジーXIII』最後までプレイしないと魅力はわからない

期待が大きかっただけに落胆も大きかった

f:id:if_broken:20210823160353j:plain

 

「このゲーム、面白くないのでは?」

 

それが『ファイナルファンタジーXIII』をプレイし始めて数時間で感じた、正直な感想だった。

 

一本道を、目的地を目指して進むフィールド。

「たたかう」コマンドを選択するだけの戦闘。

 

あとあと調べてみてわかったのだが、『ファイナルファンタジーXIII』はシリーズの中でも好き嫌いが別れている作品だそうだ。

 

有名作品だけあり、期待してプレイを始めた。

その分、落胆も大きかった。

 

しかしゲームは最後まで触れてみなければ、その魅力はわからないと思っている。

面白うかろうが、面白くなかろうが、私にはエンディングを迎えるまで突き進む以外の選択肢はなかった。




奥深い戦闘システム

f:id:if_broken:20210823160409j:plain

 

ファイナルファンタジーXIII』のエンディングを迎えて、最初の数時間で抱いた負の感情はどこかに吹き飛んでいた。

 

それと入れ替わるようにして、このゲームに触れてよかったという感情が芽生えていた。



特に戦闘のゲームシステムは、最初こそ「たたかう」を選ぶだけであったが、ストーリーが進むと「オプティマ」というシステムが追加され、奥深いものとなる。

 

キャラクターにはそれぞれ「アタッカー」や「ヒーラー」といったロール、いわゆる役割を複数持っており、戦闘に参加する3人のロールを組み合わせたものがオプティマだ。

 

リアルタイムで進んでいく戦闘の最中、状況に合わせてあらかじめ登録しておいた複数のオプティマを切り替えていく。



気づけば思いのほかダメージを受けていて、危機的状況に陥った。

回復中心のオプティマに切り替えなければ、このままやられてしまう。

 

ところがそういうときに限って、目当てのオプティマがどれだか、うまく判断できず、私の判断ミスで全滅していまうこともしばしば。

 

いつしか手に汗を握りながら、画面に食い入るようにしてゲームに没頭してしまっていた。

 

決して単純で退屈なものなんかではなかった。



キャラクター同士の関係が印象的なストーリー

 

好き嫌いが別れる理由として、ストーリーの難解さも挙げられている。

 

プレイする前からストーリーが難解だという噂は耳にしていたから、ある程度の覚悟はしていた。

 

しかし実際にプレイしてみると、それほど難しいとは感じなかった。

 

たしかに多少の難解さや突飛さはある。けれどもストーリーが進むごとに解放されるテキストを読んでいけば理解できる範囲だ。



ストーリーといえば、キャラクター同士の関わり方の変化が印象的だった。

 

ファイナルファンタジーXIII シナリオアルティマニア』に掲載されているインタビューでは、野村哲也さんもキャラクター同士の関わり方の変化に注目してほしいと語っている。

 

ただ難解なストーリーなどではなく、しっかりと引き込まれるストーリーになっていたと感じた。



フィールドが一本道だったことは最後まで変わりなかったけれど、ストーリーと思いのほか戦略的な戦闘によって、そんなことはどうでもよくなった。

 

むしろRPGの形も様々で、これが『ファイナルファンタジー』の見せ方なのだろうと納得させられてしまったほどだ。



最後までプレイしてみなければ、ゲームの魅力はわからない。

 

f:id:if_broken:20210823160426j:plain

 

 

PS3ソフトファイナルファンタジーXIII

 

どうせ自分の体はひとつしかないのだから

アルバイトいつ辞めようか

f:id:if_broken:20210823144910j:plain

 

私の大学時代の思い出は、そのほとんどがアルバイト絡みだ。

アルバイトを通して多くの出会いがあったし、楽しいできごともたくさんあった。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

今思い返しても、学校でのできごと以上に、アルバイト先でのできごとの方が鮮明に思い出されるほどだ。

 

けれども最初は、そんなに楽しいものではなかった。

アルバイトを始めて最初の半年くらい、常に私の頭にあったのは「いつ辞めようか」ということだった。



要領よくこなせない無力感

 

アルバイト先の店を運営する会社の偉い人が、時折り様子を見に訪れていた。どの店でもよくある光景だ。

 

私は要領がよくない。だからその人が店に来るたびに、いろいろと指摘されていた。

中でも「複数のことを同時にこなせ」というのは、私の悩みの種だった。

 

当然、指摘されたことを改善しようとは思うものの、いざ客足がピークに達すると、同時に私のキャパシティもピークに達してしまう。

 

私にはこなせない。

 

そんな無力感に苛まれ、バイトを辞めようと思っていた。



辞めようとしている雰囲気を察したのか、店長や先輩から全力で引き留められ、結局は辞めることなく働き続けることになったけれど、悩みが長引くことになってしまった。



アルバイトが楽しくなった日

 

そんなアルバイト生活を続けていた、ある日。一人のパートさんと勤務が重なった。

 

その日はそれほどお客さんも入っておらず、そのパートさんと世間話を交わす程度には余裕があった。

 

なぜかは知らないけどパートさんは、私が会社の偉い人からいろいろと指摘されていることを知っていた。

 

そしてこんなことを言った。

 

「どうせ自分の体はひとつしかないんだから、自分のペースで一つ一つをこなしていけばいい」

 

もやもやとした視界が、パンっと音を立てたように晴れ渡った。

本当にこれほどまでに、目の前が明るくなることがあるのかというくらい、一気にすっきりとした。

 

この日を境に、アルバイトが楽しくなった。

 

何があっても、自分のペースを崩さないようになり、それが気持ちの余裕に繋がり、要領よく動けるようになった。



今でも、この言葉は私の行動の支えになっている。

 

どれだけやらなければならないことが重なっても、一切慌てない。

気持ちに余裕を持って、一つ一つを整理する。そうすれば、物事の優先順位が見えてくる。

 

そうして一つ一つをこなしていけば乗り越えられる。



やらなければならないことが溢れたら、一旦開き直ってしまえばいい。

どんなに焦ろうが、騒ごうが、どうせ自分の体はひとつしかないのだから。