No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

大人にこそ読んでほしい絵本『おおきな木』

大学を卒業したときの贈り物

 

大学生のころにアルバイトをしていた飲食店では、少し不思議な風習があった。

 

大学を卒業するなどで、アルバイトを辞めることになると、そのお祝いとして運営会社からプレゼントが送られるのだ。

 

そこまでは、割と普通のことかもしれない。

 

しかし、そのプレゼントというのが絵本なのだ。

 

だいたいが大学を卒業するタイミングでアルバイトを辞めるから、22歳とか23歳ということになる。

 

もう充分に大人になっている人間に、なぜ絵本なのか。

それがアルバイト先で、ずっと疑問視されていたことだった。


私が卒業するときも、例によって絵本をもらった。

 

タイトルは『おおきな木』。

 

本が好きな私は、全く嬉しくなかったわけではないものの、いまさら絵本もないだろうと、ずっと封も開けずに置いていた。

 

f:id:if_broken:20210417140848j:plain

 

心に触れてくる絵本

 

それから幾年月が流れたある日、部屋を掃除しているとき、本棚にこの絵本があるのを見つけた。

 

なにか理由があったわけではないが、せっかくだから読んでみようと、数年越しに封を開けた。

 

そこには、シンプルに描かれた一本の木と少年、そこに短くもやさしい文章が添えられていた。

 

おおきな木と、成長していく少年の姿を描いた、この絵本。


もともとは海外の絵本であり、それを村上春樹さんが翻訳している。

 

 

村上春樹さんが書いたあとがきには、次のように書かれている。

 

あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。それをあえて言葉にする必要もありません。そのために物語というものがあるのです。

 

だから私も、どう感じたのか、どう解釈したのかを書くつもりはない。

 

ただ、いろいろと考えてしまうところがあった。

 

今まであったできごと。
今まで出会った人々。

 

この絵本は、私の中にある今までの人生で培ってきたものに、かすかに触れてきた。

 

だからこそ、読みながら年甲斐もなく涙してしまったのだ。

 

絵本は子どもだけのものではない

f:id:if_broken:20210417141019j:plain



今までの経験や境遇によって、読んだときの感じ方は変わるのではないだろうか。

年齢など、読むタイミングによっても、以前に読んだときと違う感じ方をするかもしれない。

 

もの悲しくなったり、優しい気持ちになったり。

 

そんな気持ちの変化から、自分を見つめなおすきっかけにもなりそうだ。

 

絵本は子どものためのもの。
そう思わずに、ぜひ『おおきな木』を読んでみてほしい。

 

 

 

 

 

『すばらしきこのせかい』記憶は薄れてもなお、色濃く残る感動

現実に近い世界観が新しいRPG

 

シリーズ初、ニンテンドーDSでの作品となった『キングダムハーツ 358/2 Days』。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

この『キングダムハーツ 358/2 Days』の構想を練るのに一役買った作品がある。

 

すばらしきこのせかい』だ。

 

f:id:if_broken:20210403205347j:plain

 

すばらしきこのせかい』をプレイしたのは、実は中学生のころ。

 

もう記憶は薄れつつあるのだが、それでも強烈に記憶に残っている部分が多々ある。そんな斬新さが魅力のゲームだ。



舞台は渋谷。

 

人々が行き交う雑踏の中目覚めたネクは、とあるゲームに参加されられ、そのゲームで7日間生き残らなければ、存在した事実を抹消すると言い渡される。

 

そんな理不尽とも思えるゲームに挑む7日間が描かれた作品である。



アクションRPGであり、ノイズと呼ばれる敵と戦っていくのだが、世界観は現実に近くなっている。

 

たとえば、キャラクターの装備は盾や鎧などではなく、Tシャツや靴などを装備する。

武器も剣のようなものはなく、バッジを使ったサイキック能力で戦っていく。

 

f:id:if_broken:20210403205416j:plain

 

またバッジには、それぞれにブランドがある。

 

バッジを使い続けていると、そのブランドがトレンドとなり、攻撃力上昇などの恩恵を受けられるのも、現実を取り入れたシステムだ。



ニンテンドーDSの、二画面とタッチ操作を最大限に活用しようと開発されただけあり、戦闘システムは非常に斬新なものになっている。

 

戦闘では、ニンテンドーDSの上下二画面を同時に操作する。

 

下画面では主人公のネクをタッチで操作。

上画面ではパートナーをボタンで操作。

 

二画面に表示されたキャラクターを同時に操作するゲームというのは、後にも先にも『すばらしきこのせかい』だけなのではないだろうか。



ちなみにパートナーの操作はオートに設定もできる。無理に二画面を操作しなくても良いのは、押しつけがましくなくて良い。




映画を見終わったような気持ちになるエンディング

 

ネクを中心に、渋谷での7日間を描いたストーリーだが、パートナーのシキ、ヨシュア、ビイトとそれぞれ7日間を過ごすことになるため、ボリュームがかなり多い。

 

そして、それだけの長い時間を過ごすのだから、パートナーを含めキャラクターへの愛着が湧いてくる。

 

そんな中で迎えるエンディング。

 

JYONGRIさんの『Lullaby For You』が流れてくる。

 

それまでのストーリーで感じてきたことを踏まえたうえで耳にするエンディング曲のやさしいイントロ。まるで映画を見終わったような気持ちにさせられる。

 

中学生当時、これほどゲームのエンディングで余韻に浸ったのは、初めてだったかもしれないし、あのときの気持ちだけは今でも色濃く残っている。



オリジナル版にしかない魅力

f:id:if_broken:20210403205444j:plain

 

ニンテンドーDSで発売された『すばらしきこのせかい』だが、その後スマホ向けに『すばらしきこのせかい Solo Remix』や、Nintendo Switch向けに『すばらしきこのせかい Final Remix』が発売されている。

 

それぞれ、新たなシナリオなどが追加されおり、こちらを遊ぶのも良いと思う。

 

しかし、これらはエンディング曲が変わっていおり、当然ながら二画面の戦闘は体験できない。

 

ニンテンドーDS版にしかない魅力があるのだ。



すでに『すばらしきこのせかい Final Remix』などをクリアしている人も、ニンテンドーDSに立ち戻って、もう一度プレイしてもらいたいと思う。

 

ニンテンドーDSソフトすばらしきこのせかい [通常版]

 

 

 

『浄水通 果実大福 華菱』のこだわり抜かれたフルーツ大福で贅沢なひとときを

フルーツの美味しさが溢れるフルーツ大福

 

フルーツの美味しさを活かした和菓子、フルーツ大福。

福岡には『浄水通 果実大福 華菱』という、フルーツ大福の店がある。

 

f:id:if_broken:20210322163414j:plain

 

SNSを中心に話題になっているので、店の存在そのものは知っていたのだが、店の場所までは知らなかった。

 

ところが、博多近辺を歩き回っていたとき、偶然にも店舗を見つけた。

 

これもなにかの縁。

 

フルーツ大福をいくつか購入してみた。



味と見た目へのこだわり

 

華菱のフルーツ大福は、味にも見た目にもこだわられている。

 

フルーツが一番おいしい時期を見極めたうえで、フルーツの味を邪魔しないような材料の配合で餅や餡を作っているのだそうだ。

 

また、大福を購入すると、赤い糸が渡される。

この赤い糸は、大福を半分にカットするためのものだ。

 

こうすることで、白い餅と餡に包まれた色鮮やかなフルーツを、目でも楽しむことができる。

 

糸を使って大福をカットするという体験。

そしてフルーツが魅せる、色鮮やかな断面。

 

こういったこだわりが、『浄水通 果実大福 華菱』の魅力となっている。



ちょっとした贅沢なひとときを

f:id:if_broken:20210322163452j:plain

 

数あるフルーツ大福の中かから、イチゴとキウイ、シャインマスカット、パインアップルを選んだ。

 

フルーツから出る果汁の甘さと、それを引き立てるような甘さを控えた餡のバランスは非常に良く。どれも美味しかった。

 

中でも、やはりイチゴはバランスが良く抜群の美味しさだったし、キウイは丸ごと一つが餅に包まれているので、驚きがある。

 

その他にも、桃や柿、いちじくなど、フルーツ大福には珍しい果物が使われたものがある。

その中からお気に入りを見つけるというのも、楽しいのではないだろうか。



フルーツをまるごと使っているだけあって、ものにもよるが、1つ500円前後と少し値は張ってしまう。

 

しかし、カットから実際に食べるまでの中には、それだけの価値はあるように感じた。

 

華菱のフルーツ大福で、ちょっとした贅沢なひとときを過ごしてみてはどうだろう。

 

www.hanabishi-daifuku.jp

 

 

 

会いたい人に会えないとき、心の片隅に置いておきたい言葉

新型コロナウイルスによって変わった世界

 

2020年が始まって間もなく、新型コロナウイルスによって、世界中が大きな変化をせざるを得なくなった。

 

企業はテレワークを実施するようになったし、飲食店などの店舗は営業時間を短縮すりょうになった。

 

周りを見渡すと、皆マスクをつけている。

 

とんでもない時代になってしまった。つくづくそう感じる。



移動の制限もされるようになったから、人に会いづらくもなってしまった。

家族や友人などに会えていないという人も少なくはない。



一緒に夕陽を見られたらいいなって

f:id:if_broken:20210311170513j:plain

 

キングダムハーツ 358/2 days』をプレイしていたときのこと。

 

会いたい人に簡単に会えなくなった世界で、心の片隅にでも置いておきたい言葉に出会った。



本作の主人公ロクサスは、日々任務をこなしていく。

 

そして、任務が終わると、シオン、アクセルとともにアイスを食べることが日課になっていた。

 

そんなある日、ロクサスは言うのである。

 

「こうやってずっと 一緒にいられると、いいな」

 

「毎日、任務のあとに3人で アイスを食べて一緒に夕陽を 見られたらいいなって」

 

f:id:if_broken:20210311170549j:plain

f:id:if_broken:20210311170618j:plain

 

 

3人で過ごす日々の中で、親友として、ずっと一緒にいたいと思う気持ちから出た言葉だ。



そんな気持ちを抱いてはいるが、ロクサスをはじめ、シオンやアクセルも『ノーバディ』と呼ばれる、心を持たない存在である。

 

それゆえに、ずっと一緒にいることは無理だとアクセルは言う。



大切なのは みんなで毎日会うことじゃない

 

しかし、続けてアクセルは、ロクサスにこんなことを伝える。

 

「大切なのは みんなで毎日会うことじゃない」

 

「会えなくても、お互いのことを いつも考えている方が大切だろ?」

 

f:id:if_broken:20210311170647j:plain

f:id:if_broken:20210311170834j:plain

 

キングダムハーツ 358/2 days』は、今から10年以上も前に発売されたゲームであるが、10年の時を越えて、今の時代に合った考え方を提示してくれている。

 

案外、こういうところにも、古いゲームを今更ながらにプレイする意味があるのかもしれない。



no-sense-life.hatenablog.jp

 

 

 

たまにはイヤホンをつけずに、自然の音の中で散歩でも

イヤホンはすべてをシャットアウトできる

 

通勤の電車の中。

買い物に向かう道すがら。

 

イヤホンで音楽を聴いている人も少なくはないだろう。

 

私自身、音楽やPodcastを聴きながら移動することが多い。

 

これは今に始まったことではない。初めて音楽プレイヤーを手にした中学生の頃から、移動時は音楽を聴くことが普通になっていた。



単純に移動中は暇だから音楽を聴いているという面もある。

しかし、それとは別の理由もある。

 

イヤホンをしていれば全てをシャットアウトできる気がするのだ。



周りの話声や音を聞かなくて済むし、店に入っても店員から声を掛けられる可能性が低くなる。

 

私はずっと、自分の世界にこもって移動をしていた。



充電が切れたワイヤレスイヤホン

 

スマホを機種変更したことでイヤホンジャックがなくなり、今まで使っていた有線のイヤホンが使えなくなった。

 

有線イヤホンの方が良いような気もしながらも、煩わしさを感じていた私は、機種変更を機にワイヤレスイヤホンに買い替えた。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

おおむね満足して使っていたのだが、ある日ワイヤレスイヤホンの充電を忘れたまま仕事に行ってしまったことがある。

 

帰りには充電が切れてしまい、音楽を聴くことができなかった。

 

致し方なく、イヤホンなしで帰宅することにしたのだが、イヤホンをつけないで移動することも悪くないかも、と思うようになった。



自然の音を聞きながら

f:id:if_broken:20210313232232j:plain

 

この出来事があってから、買い物に行くときなどはイヤホンをつけずに歩いてみることにしている。

 

風の音や鳥の鳴き声。

遠くで子どもたちがはしゃぐ声。

 

耳をすませて歩いてみると、意外といろいろな発見があるし、案外心地が良いものだ。



もちろん耳に入れたくない音もある。

そんな耳に入れたくない音を無理に聞いていたら、そのほうがストレスになってしまうだろう。

 

だから人通りの少ない場所でだけ。

 

音楽ではない、自然の音を聞きながら散歩をしてみる。