No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

ゲームと豊かさ

改めて感じるグラフィックのすごさ『ドンキーコングランド』

ゲームボーイのソフトでありながら、3DCGのような表現が目を引く『ドンキーコングランド』。幼いころに触れた時は気にしていなかったが、改めて考えるとすごいことである。

懐かしくも新しい『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

ドラゴンクエストシリーズ30周年を記念して発売された『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』。新しさもありながら、懐かしさにも浸れる。そして、ストーリーもナンバリングタイトルで1,2を争うすばらしさ。30年の集大成とも言えそうな作品。

『ファイナルファンタジー レコードキーパー』のレトロな魅力

ファイナルファンタジーシリーズの世界を追体験するスマホゲーム『ファイナルファンタジー レコードキーパー』。元々は3DCGでキャラクターが描かれる最新タイトルも、ドット絵で表現されるなど、レトロな魅力を感じられる。

ゲームボーイ初のRPGを『魔界塔士Sa・Ga』

1989年に発売され、1000本以上ものゲームソフトが生まれたゲームボーイ。そんな無数にあるゲームソフトの中、ゲームボーイ初のRPGとして誕生した『魔界塔士 Sa・Ga』。独特な成長システムも見どころ。

ダイソーのケースで、レトロゲームソフトを収納する

箱無しのゲームボーイやゲームボーイアドバンスのソフトを購入すると、収納に困ることがある。しかし、ダイソ-で販売されているケースをうまく活用することで、きれいに収納できる。

誰もが楽しめるの秀逸なゲームデザイン『メイドインワリオ』

詳しい操作説明なくミニゲームが始まる『メイドインワリオ』。しかし、説明がなくても、なんとなく操作を感じ取れるゲームデザインになっており、誰もが楽しめる作品である。

ドラクエ未プレイの人におすすめしたいのは、一作目の『ドラゴンクエスト』である理由

国民的RPG『ドラゴンクエスト』。多くのナンバリングタイトルが出ているため、今から始めたいけど、どこから始めればいいのかわからないと、手を出していない人も多いのではないだろうか。そんな方々には、一作目の『ドラゴンクエスト』をおすすめしたい。

ゲームハードのホーム画面で振り返るゲームの思い出

いろんなデザインが楽しめる、ゲームハードのホーム画面。好きだったゲームのデザインをホーム画面にしていると、ふと目に入った時に、そのゲームの思い出がよみがえる。

その選択で世界を変える『428 ~封鎖された渋谷で~』

サウンドノベルの名作ともいえる『428 ~封鎖された渋谷で~』。テキストを読み進めていくことがメインでありながら、BGMや効果音、実写の背景によって得られる臨場感と没入感。絡み合う5つのストーリー。サウンドノベル初心者にもおすすめしたい一作。

ゲーム気分をさらに盛り上げてくれるPodcast番組『ゲームなんとか』

音声メディア Podcast。様々な番組がありるが、ゲーム好きな人におすすめしたいのが『ゲームなんとか』。音声メディアだからこそ、あらゆる場面でゲーム気分を盛り上げてくれる。

スマホでいつでもドラゴンクエストの世界へ

日本で有名なRPGシリーズの1つ『ドラゴンクエスト』。スマホアプリとしても配信されている。スマホで、ちょっとした時間にドラクエの世界を楽しんでみては。

ゲームボーイソフトを楽しむために、ゲームボーイアドバンスSPを持っておくべき理由

発売から20年近く経ったゲームボーイアドバンスSP。古いゲームハードであるが、今でも買う価値がある。ゲームボーイソフトを快適に楽しむためにも、ゲームボーイアドバンスSPを持っておくべき理由を紹介する。

ゲームボーイと過ごす時間

古いゲームが、最新のゲームハードでダウンロード販売されている時代。けれども、あえて当時のゲームハードを使って、思い出に浸りながらゲームを楽しむ時間もよいものである。

時が経っても変わらない、レトロゲームの魅力

インターネットの普及で、楽しみ方が広がったゲーム。しかし、時間が経つとサービスの終了などで、最大限楽しめなくなってしまう。しかしレトロゲームは、いつまでも最大限楽しめる。それがレトロゲームの魅力の一つだと思う。

ゲームと豊かさ

ゲームは視力の低下や依存症など、悪いイメージを持たれがち。しかし、ゲームも人生を豊かにしてくれる存在だと、私は思う。