No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

ゲームと豊かさ

ゲームは悪いイメージを持たれがち

 

ゲームと聞くと、どんなイメージを持つだろう。

いろいろなイメージはあるだろうが、その多くは悪いイメージな気がする。

 

ゲームが原因で視力が低下する。

さらには、頭が悪くなるとか、依存症になるとか。



子どもっぽいというイメージも強いだろうか。

 

Nintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』や『リングフィットアドベンチャー』の人気で、普段はゲームをしない人もゲームに触れる機会が増えた。

 

とはいえ、大人にもなってゲームが趣味だと言うと、やはり子どもっぽいと思われてしまうだろう。

 


ゲームも人生を豊かにする存在

f:id:if_broken:20200916205642j:plain

 

しかし、私はゲームも人生を豊かにしてくれるものだと思っている。



ゲームは、現実では体験できないことを体験させてくれる。

 

『あつまれ どうぶつの森』は、無人島で自由に暮らすスローライフを体験するゲーム。

 

現実世界で、無人島で自由気ままな暮らしを実現することは難しい。それを体験できることも、『あつまれ どうぶつの森』が注目された理由の一つのように思う。

 

現実での体験が難しいこと、絶対に体験できないことを、手軽に体験させてくれる。これはゲームだからこそ、為しえること。



それからゲームは、なにもテレビゲームばかりではない。アナログゲームもある。

 

アナログゲームは、テレビゲームほど情報量が多くはないから、想像でそのゲームの世界を補わなくてはならない。

 

そんな想像の世界に潜り込みながらゲームをする時間も、人生を豊かにしれくれるのだと思う。

 


レトロゲームで過去に思いをはせる

 

最新のゲームは映像美や壮大な音楽など、魅力で溢れている。

 

しかし、私は古いゲーム、いわゆるレトロゲームもまた、人生を豊かにしてくれると考えている。

 

私は幼い頃からゲームに触れてきた。

 

初めてのゲームは、ゲームボーイの『ポケットモンスター 緑』。よくシステムは理解していないながらも、新しいモンスターと出会うたびにワクワクしていたのを覚えている。

 

それから今日まで、ゲームを遊んできた。

 

ただ、実際にはそれほど多くのゲームを遊んだわけではない。

 

欲しかったゲームは数あれど、全てを購入するわけにはいかず、諦めたものもたくさんあるし、私が生まれる前に発売されたゲームもたくさんある。



そんな過去のゲームたちは、物によるけれど、とても安価で手に入れられるようになってきた。

 

あの頃欲しかったゲームソフトも、数百円で購入できるのだ。

 

数百円と言っても侮れない。たった数百円で購入したゲームソフトも、今でも充分に楽しめる。そして何より、過去に思いをはせることができる。

 

小学生の頃に友達が持っていてうらやましかったな、とか。

私が生まれる前にも、これほど楽しめるゲームがあったんだ、とか。



過去に立ち返って、懐かしさを感じさせてくれる。その感情が、日頃のストレスなどで張り詰めた心をほぐし、人生を豊かにしてくれると、そう思うのだ。