No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

古本に潜むストーリーを想像する

古本には古本の魅力がある

 

本を買うとき、私は新品を買うこともあれば、古本を買うこともある。

その本を書いた方のことを考えると、新品で買う方がよいことはわかっている。

 

しかし、古本には古本にしかない魅力があるように思うのだ。



本の内容をより理解するために、ペンで書き込みをしながら読む読書法がある。

しかし、自分の手で本を汚すことに抵抗があり、私はこの読書法で本を読んだことはない。

 

ところが、不思議なもので、他人が書き込みをしているのは気にならない。

むしろ、それが古本の魅力になっているとすら思っている。

 

 

本の書き込みから、潜んだストーリーを辿る

f:id:if_broken:20200927151335j:plain

 

ペンで書き込みされている古本を読んでいると、その古本に潜んだストーリーが見えてくるような気がするのだ。

 

前の持ち主が、その本のどこに興味を持ったのか。

どこを大切だと感じたのか。

 

本の前半には、たくさん書き込みされているのに、後半になると書き込みが少なくなってくると、飽きてしまったのかな、と想像してみたり。

 

古本を選ぶとき、ついついきれいなものを選んでしまいがち。

けれども、たまには書き込みされている本で、その本の隠れたストーリーを辿ってみるのはどうだろうか。