No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

人に左右されない生き方の大切さを教えてくれる漫画『ばらかもん』

書道家五島列島での生活を描く『ばらかもん

f:id:if_broken:20201101122324j:plain

 

読書は好きだが、漫画はそれほど読んでこなかった。

 

読んだ漫画といえば『ONE PIECE』や『るろうに剣心』『DEATH NOTE』など。いわゆる少年漫画ばかり。

 

ところが、あるとき戦うことが多い少年漫画を読んでいて、疲れるようになってしまった。

 

そんな中で見つけたのが、漫画『ばらかもん』。



ばらかもん』は、若い書道家五島列島での生活を通して、人間としても書道家としても成長していく様子を描いた漫画。単なるヒューマンドラマではなく、ギャグ要素も楽しめる漫画である。

 

 

「必要なのは確信じゃなくて覚悟だろ」

 

私が初めて『ばらかもん』を読んだのは、大学生のころ。その当時は、単に面白い漫画として読んでいた。

 

しかし、社会人になって改めて読んでみると、大学生のころには気づくことのなかった、胸に刺さる言葉がたくさんあることに気づいたのだ。



特に胸に刺さったのは、単行本7巻での主人公の言葉。

 

料理人になる夢をもつ、島に住む男子高校生。しかし周りからは料理人になることを反対され、一歩を踏み出すことができずにいた。

 

そんな悩みを相談された主人公は、男子高校生にこんな言葉をかける。

 

「必要なのは確信じゃなくて覚悟だろ」

 「夢を叶えるのに 他人の太鼓判を欲しがるのか」

「お前が自信あるなら それでいいだろ」

(出典:『ばらかもん』7巻 Act.59 うけくろ より)



人に左右されない生き方も大切

周りの人は、心配をしてくれる気持ちから反対しているのもわかってはいる。

 

けれども、人生は自分のもの。失敗したとしても自分の責任だけれど、挑戦するのは自分の自由なのだから、自分の選ぶ道を大切にしたい。

 

人に左右されない生き方も大切だと思わされる一言である。



7巻のこの言葉だけでなく、胸に刺さる様々な言葉やシーンが描かれているのも『ばらかもん』の魅力。

 

笑って、泣いて、読み終わったら心が温かくなる。

ぜひ読んでもらいたい漫画だ。