No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

その選択で世界を変える『428 ~封鎖された渋谷で~』

小さな選択が世界を変える鍵

 

人生は選択の繰り返し。

 

「どんな職に就くのか」「どんな場所に住むのか」

こんな人生を左右するような、大きな選択ばかりではない。

 

「夕食は何にしようか」「どんな服を着て出掛けようか」

ちょっとした選択の積み重ねで、人生はできている。



そんな小さな選択でも、もしあのとき違う選択をしていたら。

今とは少し違った未来を生きていたかもしれない。



『428~封鎖された渋谷で~』。

このゲームは、そんな小さな選択が重要な鍵を握る作品である。

 

 

臨場感と没入感で楽しむサスペンス

f:id:if_broken:20201127231850j:plain

 

渋谷を舞台にしたサスペンスのサウンドノベル

 

サウンドノベルとは、小説のように文章を読み進めていき、ところどころ出てくる選択肢から、登場人物の行動を選択していくというゲーム。

 

文章に加えて、ストーリーに合わせた背景、さらにはBGMや効果音が加わり、まるで映画を観ているかのような臨場感と没入感を楽しめる。



プレイヤーの選択によってストーリーは変化していく。

正しい選択肢を選べば、ストーリーは進行。けれども、間違えた選択肢を選んでしまうと、悲惨な結末を迎えてしまう。

 

正しい選択をして、真のエンディングに到達することが、このゲームの目的となっている。

 

 

5つの絡み合うストーリー

f:id:if_broken:20201127231835j:plain

 

しかし、『428~封鎖された渋谷で~』は、5人の登場人物のストーリーを同時に進めていくことになる。

 

渋谷中央署の若手刑事、加納慎也。

道玄坂電気屋の長男、遠藤亜智。

渋谷中を駆け回るフリーライター、御法川実。

製薬会社の研究所長、大沢賢治。

ダイエットドリンクの試供品を配る着ぐるみ、タマ。



5人は皆、同じ日に渋谷という同じ場所にいる。

 

つまり場合によっては、1人の行動が、他の人物の行動に影響を及ぼしてしまうこともあるわけだ。

 

ある人物の行動が、他の人物を問答無用でバッドエンドに送り込む。

それを回避するために、5人のストーリーを行き来して、それぞれを正しい道に導く。



何も関係がなさそうな人々が、知らず知らずのうちに干渉しあっているという、入り組んだストーリーも、この作品の魅力となっている。

 

 

サウンドノベル初心者でも楽しめる

 

実写のゲームに抵抗があり、タイトルは知っているけれど、遊んでいないという方もいるかもしれない。

 

はたまた、文章を読むのが苦手で、サウンドノベルも避けているという方もいるだろうか。



だが、そんな方にも、ぜひ一度は遊んでもらいたいゲームだと思っている。



キャラクターも一人一人がとても個性的。

ストーリーは笑いもあればシリアスな展開もある。

 

そして背景の実写画像と効果音が相まって、すぐにストーリーにのめり込んでしまう。

文章を読むのが苦手でも、すぐにその世界観に取り込まれることだろう。



私自身、サウンドノベルも実写のゲームも初めて触れたが、全く抵抗なく遊ぶことができた。

 

それどころか、ストーリーの続きが気になり、寝ずに遊んでしまうほど。



PS3に始まり、WiiPSP、最近ではPS4でも発売されているので、始めやすくなっている。ぜひ一度『428~封鎖された渋谷で~』の世界を体験してみて欲しい。

 

 

駿河屋での購入はこちら

PS4ソフト428 ~封鎖された渋谷で~