No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『模倣の殺意』読んで「やられた」と言ってもらいたい

読後「やられた」と口にしてしまう

f:id:if_broken:20201203125538j:plain

 

書店で偶然目についた一冊。

『模倣の殺意』。

 

作家の坂井正夫が自殺をした。

その自殺の真相を追う二人の人物、中田秋子と津久見伸助。

 

この二人の視点を交互に描きつつ、物語は進んでいく。



読み終えて、つい私はこう口にしてしまった。

 

「やられた」。



シンプルながら見破れない悔しさ

 

読み終わってみれば、非常にシンプルなトリックなのだが、だからといって簡単に見破れないのが悔しいところ。



解説には、この作品の変遷が書かれている。

 

最初に『模倣の殺意』が出版されてから、私が手に取った創元推理文庫版までの間に、いろいろ改訂があったというのだ。

 

もちろんストーリーの本筋は変わらないが、細かな記載に手が加えられ、少しずつ形を変えて、今の形になったのだそうだ。



私は、読み始めてすぐに、ある箇所に目をつけていた。

そこは、改訂される中で手が加えられた箇所。

 

もしその箇所に手が加えられていなければ、序盤でトリックを見抜けていたような気がしている。



ぜひ「やられた」と言ってもらいたい

 

また真相が描かれる第四部の扉には、こんな言葉が書かれている。

 

 

あなたは、このあと待ち受ける意外な結末の予想がつきますか。ここで一度、本を閉じて、結末を予想してみてください。

 

読者への挑戦状とする演出が為されているのである。

 

f:id:if_broken:20201203125604j:plain

 

この扉も文庫版で追加されたものなのだそう。

 

作中に書かれた情報量や演出など、文庫版が完璧な形なのではないかと思うのだ。



そして、この作品が初めて世に出たのが1972年のこと。書店で偶然目にするまで、私は一切存在を知らなかった。

 

知らない作品の中に、これほどにも面白い作品が眠っているという、今後の読書への楽しみを増やしてくれた存在でもある気がする。



ぜひ実際に読んでみてほしい。

そして「やられた」と言ってもらいたい。