No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

読めば和菓子が好きになる『和菓子のアン』

表紙に惹かれた一冊

f:id:if_broken:20201203125112j:plain

 

私は小説を買うとき、だいたいは裏に書かれているあらすじを読んで、買うかどうかを決める。しかし、まれに表紙に惹かれて、衝動買いのごとく買ってしまうこともある。

 

『和菓子のアン』も、そんな風に表紙に惹かれて購入した作品の一つである。

 

甘いもの、特にあんこが好きな私にとって、美味しそうな饅頭が描かれた表紙は、「この本を買ってくれ」と言っているようなものだった。

 

と、出会いは衝動的なものであったが、実際に読んでみると、とても心温まる面白い作品だった。

 

 

心温まるストーリーと魅力的なキャラクター

 

『和菓子のアン』の舞台は、デパ地下にある和菓子屋「みつ屋」。

 

あらすじにはお仕事ミステリーと書かれている。しかし、ミステリーといっても、殺人事件が起きるようなハードなミステリーではない。

 

和菓子を求めて「みつ屋」にやってくるお客さん。

皆、なにかしらの思いを抱えてやってくる。

 

その思いを、謎を解くように解き明かし、汲み取る。

そして、和菓子屋としての解決策を提案する。

 

そんな人と人との繋がりで心が温まる、とてもライトなミステリーだ。



登場人物は一癖も二癖もある人たちばかりだが、それゆえに読んでいて飽きがこない。

 

 

和菓子が食べたくなるミステリー

 

見どころは、ミステリー要素やキャラクターだけではない。



和菓子屋が舞台なので、ストーリー中には当然、和菓子が登場する。その和菓子1つ1つに隠されたストーリーも紹介されるのだ。



和菓子に対して詳しくない人は、なんとなく見た目がきれいとか、面白い形をしているとか、そんな感想しか抱かないのではないだろうか。

 

なにしろ私自身も、その一人だったから。

 

ただ、和菓子に込められたストーリーを知ることで、なぜこの形なのか、なぜこの素材がつかわれているのか、ということも知ることができる。

 

そして読み終わったとき、つい和菓子屋に足を運びたくなってしまう。

 

f:id:if_broken:20201203125059j:plain

 

ミステリーとしても面白く、和菓子を食べたくなってしまう。

そんな一風変わった作品だった。