No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

温かくて少し悲しい物語『コーヒーが冷めないうちに』

もしも過去に戻れるのなら

 

もし過去に戻れたら、いつに戻るだろう。

そして、そこでなにをするだろう。

 

誰もが一度は、そんなことを考えたことがあるのではないだろうか。

 

コーヒーが冷めないうちに』は、過去に戻ることができると噂の喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台にした、心温まる物語である。

 

f:id:if_broken:20201207111634j:plain

 

 

未来を変えられなくても過去に戻る理由

 

この「フニクリフニクラ」で過去に戻れるという話は、都市伝説のように扱われている。

しかし、それでも過去に戻りたいとやってくる客たち。

 

皆無事に過去に戻ることに成功し、その人が過去の世界でなにをしたかったのかが描かれていく。

 

ただ、過去に戻るにはいくつかのルールがある。

 

その中でも大きなルールが、過去の世界では席から離れられないこと。

そして、過去に戻っても未来は変えられないこと。



過去に戻りたいと考えるとき、そのほとんどは、未来である今を変えたいと思っているから。私はそんなふうに考えていた。

 

しかし『コーヒーが冷めないうちに』では、未来を変えられないとわかっていても、過去に戻ることを選択した人たちのストーリーが描かれていく。

 

人との別れは突然訪れるもの。あのとき伝えておきたかったこと。その言葉を伝えに、人は過去に戻るのである。

 


物悲しい気持ちの残る作品

 

コーヒーが冷めないうちに』を読み終わり、私自身のことも考えずにはいられなかった。

 

過去を思い返すと、一人の男の子の姿が浮かんできた。

小学校は違うけれど、仲良くなった男の子。

 

小学校が違うゆえに、別れ際が思い出せないほどに、いつのまにやら離れ離れになっていた。

 

もし別れ際、なにか言葉を交わせていたら、今でも友達でいれたのかな。



そんな少し物悲しい気持ちが残る作品だった。