No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

懐かしくも新しい『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

ドラクエ30年の集大成的作品

f:id:if_broken:20201216114440j:plain

 

ドラゴンクエスト』シリーズの30周年作品として発売された『ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて』。

 

PS4ニンテンドー3DSという、まったく異なるゲームハードで同時に発売され、それぞれに異なる要素が盛り込まれたことでも話題になった。

 

PS4では、フィールドやモンスターが綺麗なグラフィックで描かれ、迫力のある冒険が楽しめる。そして、ニンテンドー3DSでは、3Dと2Dの表示を切り替えることができ、新しさも懐かしさも楽しめる。

 

そんな風に、自分の楽しみ方に合わせて選ぶことができるのも『ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて』の特徴だ。

 

私は、いつでも手軽に楽しめるニンテンドー3DS版でプレイした。

 

 

懐かしさ溢れるニンテンドー3DS

 

ニンテンドー3DS版の場合、2Dモードと3Dモードから画面の表示方法を選択でき、表示方法によって、戦闘画面の移行方法が変わってくる。



3Dモードでは、シンボルエンカウントでの戦闘移行。

フィールド上にいるモンスターに触れると戦闘画面に移る。

 

このフィールド上のモンスターは、ただ動き回っているだけでなく、眠っていたり、複数体で集まって儀式めいたことをしていたりと、動きが多彩になっており、見ているだけでも楽しめる。

 

f:id:if_broken:20201216113323p:plain

 

2Dモードでは、ランダムエンカウントで、フィールド上を移動していると、ランダムで戦闘画面に移行する。

 

モンスターの動きなどは感じられませんが、昔懐かしい雰囲気が楽しめるようになっている。




さらにニンテンドー3DS版では、懐かしさを感じられるポイントが多いように思うのだ。

 

その一つが「時渡りの迷宮」という要素。

 

これは初代『ドラゴンクエスト』から『ドラゴンクエストⅩ』までの世界に飛び込み、そこで与えられたクエストをこなすというもの。



マップや音楽は、それぞれのタイトルに合わせて作られている。

 

たとえば『ドラゴンクエスト』の世界であれば、ファミコンのドット絵で表現され、音楽も8bitの懐かしさ溢れる音源。

 

それに対して『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』の世界では、ニンテンドー3DS版のドラクエⅦのように、3Dでマップやキャラクターが表現されている。

 

f:id:if_broken:20201216113352p:plain

 

過ぎ去りし時を求めて

 

あのときを懐かしみながら、「時渡りの迷宮」に潜るのも、『ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて』の楽しみの一つなのである。



クリア後に知る「過ぎ去りし時を求めて」の意味

 

本編のストーリーも非常に重厚で、胸を熱くする展開の連続。

そして、仲間たちを襲う悲劇。

 

最後のボスを倒した先に続くストーリーでは、本当の「過ぎ去りし時を求めて」の意味を知ることができる。



ドラゴンクエストシリーズは、今まで数多くのナンバリングタイトルをプレイしてきたが、ストーリーは1,2を争うほど素晴らしいと思っている。



また『ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて』に様々な要素を加えた『ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて S』も発売された。

 

こちらでは、PS4での大迫力のグラフィック表示と、ニンテンドー3DSでの2Dモードから表示方法を選択できる。

 

もちろん「時渡りの迷宮」も収録されているので、今から『ドラクエⅪ』を遊びたいという方は、『ドラクエⅪ S』がおすすめだ。

 

 

駿河屋でも購入できる。

ニンテンドースイッチソフトドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S 新価格版

PS4ソフトドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S







このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。

(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.