No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

マーカーで本を汚したくない人に勧めたい、理解が深まる読書法

本に書き込みをしながら読むと理解が深まる

 

本を読むとき、特に新書など小説以外の本を読むとき、あなたはどのように読むだろうか。

 

人それぞれ、本の読み方は違うのだと思う。

 

たとえば、最初から最後までじっくり読み通す人。

たとえば、要点だけをななめ読みする人。

たとえば、印象的なページのメモを取りながら読む人。

 

本の読み方は様々だが、読み方によって、内容の理解度は変わるのだそうだ。

 

最も理解が深まるのは、マーカーや色ペンで書き込みをしながら読んでいく方法。こうすることで、読みながらでも内容をしっかりと理解でき、さらに読み返したときにも、要点がわかりやすくなる。



書き込みの代わりに付箋を使う

 

この本の読み方で内容の理解が深まることはわかっているが、私はこの方法を試したことがない。

 

自分の手で本を汚すことに抵抗があるのだ。

本が好きな方の中には、こういった方も多いのではないだろうか。



そこで私は、内容にマーカーを入れていく様に、気になった箇所に付箋を貼っていくことにしている。

 

f:id:if_broken:20201217132907j:plain

 

気になったページではなく、気になった一文に付箋を貼る。

 

そうすることで、後々読み直した時に、すぐにページを開けるだけでなく、どの箇所が気になったのかを思い返すこともできる。

 

また、付箋にメモを書き残すことでも、さらに読み返す際のポイントがわかりやすくなる。



斉藤孝さんの「3色ボールペン」読書法も付箋で再現

 

明治大学文学部の教授である斉藤孝さんは、赤、青、緑の3色のボールペンで、本に書き込みをしながら読むことを勧めている。

 

gendai.ismedia.jp

 

これも3色の付箋を用意し、丸を付けるべきキーワードは付箋に書き込むなどすれば、充分に実現できそうだ。

 

理解が深まる読書方法を試してみたいけれど、本を汚したくない。

 

そんな方は、付箋を片手に読書をしてみてはいかがだろう。