No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『この嘘がばれないうちに』を読んで優しい嘘で温まる心

優しい嘘の物語

 

人は誰しも嘘をつく。

生まれてから一度も嘘をついたことはない、という人はいないのではないだろうか。

 

「嘘をつく」というのは、悪いことのように感じるかもしれない。

 

しかし、嘘にも2種類ある。

人を陥れるための嘘と、人への優しさから生まれる嘘。

 

前者は当然悪いことだが、後者は決して責めることはできないのではないものだと思う。



『この嘘がばれないうちに』は、そんな優しい嘘が織りなす物語。

 

f:id:if_broken:20201227155246j:plain



その人を安心させるために

 

物語の舞台は、前作『コーヒーが冷めないうちに』と同じ喫茶店「フニクリフニクラ」。

 

この喫茶店には、過去に戻ったり、未来に行ったりと、時間を移動できる都市伝説のような噂がある。これが都市伝説などではなく、事実であることは、前作で明らかになった。

 

それを知ってか知らずか、時間を移動するためにやってくる客たち。

 

もちろん時間を移動した際のルールは前作から変わらない。

席から立つこともできなければ、現実を変えることもできない。

 

それでも客たちは、時間を移動することを選ぶ。

そして、その先で待つ相手に嘘をつく。安心させるために。



それぞれの客が、どのような理由で時間を移動し、なぜ嘘をつくのかが、短編のように綴られていく。



心に溢れる優しい気持ち

 

年齢のせいだろうか。

最近、親子が描かれたストーリーにめっぽう弱くなった気がするのだ。

 

きっと、もう少し若いときに読んでいたとしたら、もっと違う感じ方をしたのではないかと思うし、もっと年齢を重ねてから読んだら、また違う感想を抱くかもしれない。

 

それはつまり、読む人、その人の年齢によって、心に響くストーリーは異なるということではないだろうか。



ただ、誰が読んでも変わらないこと。

それは読み終った後、少し優しい気持ちが心を温めてくれることだろう。