No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『モンハン』のせいで先輩に毒を吐くことになった、大学のときの思い出

バイト先の人たちと打ち解けられない私

 

これは、私が大学生のころ。飲食店でアルバイトをしていたときの話。



私は大学生になって、人生で初めてのアルバイトをした。

ショッピングモールの飲食店街に入っているような、チェーンの飲食店だ。



私は人と話すのが苦手で、厨房での勤務を希望したが、店長の意向でなぜかホールで働くことになった。

 

そもそも人に対して心を開くのに時間がかかるタイプである。職場の人とも、必要最低限の世間話はしても、それ以上は話さなかった。



そんな中、厨房で働く二人の先輩とは、完全とは言えないが、多少は打ち解けていた。

 

一人の先輩は、私より2歳上で、中学生のとき同じ部活だったから面識があった。

そしてもう一人の先輩は、中学の先輩の、高校の先輩にあたる人で、私より3歳上。

面識はなかったが、先輩づてに話すようになった。



ある日、まだアルバイトを始めて間もないころ。慣れないながら仕事をこなしていると、その二人の先輩の会話が聞こえてきた。

 

何の気なしに聞いていると、どうも『モンスターハンターポータブル 2ndG』の話をしているようだった。

 

f:id:if_broken:20210106174950j:plain

 

『モンハンP2G』といえば、モンハンブームの火付け役ともいえる作品。私が高校生のころに発売され、放課後の教室でクラスメイトが楽しそうに遊んでいるのを見て、私もPSP本体とともに購入した。

 

それからしばらくが経っていたが、この先輩二人は、遅ればせながらモンハンデビューをしたようだった。

 

そんなことを聞いていると、突然会話のボールが私の方に飛んできた。

 

「オガタくんは、モンハンとかしないの?」




なぜだろうか。

 

気づくと、先輩二人とモンハンをする約束が取り付けられていた。

 

 

睡魔と戦うモンハン大会

 

それからしばらくして、その日を迎えた。

 

アルバイトを終えた私は、3歳上の先輩の自宅に向かった。



窓が一つだけある、広くも狭くもない、けれど3人が入るには充分な広さの部屋に通された。

 

そして22時。三人が揃ったところで、深夜のモンハン大会の開始である。



先輩二人は、私よりもプレイ時間は短いはずだが、ランスや狩猟笛など、多彩な武器を使う。

 

それに対し、私は大剣しか握ったことのない脳筋だ。

 

このときも、勘を取り戻しつつ、せっせと大剣を振るった。

 

f:id:if_broken:20210106175041j:plain

 

最初は簡単なクエストをこなしていたが、夜も深くなってくるころには、難易度の高いクエストに潜るようになっていた。

 

そんな頃になってくると、ある問題が出てくる。

 

睡魔だ。

 

アルバイト終わりということもあり、猛烈な眠気に襲われ始めた。

しかし、一緒にいるのは先輩。さすがに先輩を前に、眠りこけるわけにはいかない。

 

そうは思っても、眠気はあらがえないもの。

 

視界は、ふわふわとし、遂に閉ざされてしまった。

 

ところが、ここで大剣を装備していることが活きた。



モンハンには様々な武器があるが、大剣を装備しているときにLボタンを押すと、ガードをするのだ。

 

ガードをしている状態で攻撃を受けても、ダメージは最小限に抑えられる。

 

これなら、寝てしまっても、攻撃を受けてしまうことはない。



大型のモンスターが暴れ狂う地のど真ん中で、ガードの構えで立ち尽くす私。



そんな私を現実に引き戻す一言が放たれた。

 

「ちょっ、寝てる寝てる!」

 

ハッと目を開くと、私の方に突進してくるモンスターの姿があった。

 

もう回避することはできない。

 

私は覚悟を決めた。



しかし、そんな現実の私とは裏腹に、画面の中の私のキャラクターは、見事にモンスターの突進を防いだ。



『寝ガード』ここに爆誕である。



さすがに、ぶっ続けだと限界があるため、少し休憩を挟みつつ、それでも何度も何度もクエストに潜り続けた。




失礼ですが、言わせてください

f:id:if_broken:20210106175143j:plain

 

高校生のころ、何度か友人とモンハンをしたことはあるが、休日に集まって少しだけ遊ぶ程度だった。

 

時間を忘れて、これほどまでに楽しんだのは初めてだった。




いや、嘘だ。

時間を忘れていたのは先輩二人だけである。



先にも書いたが、この部屋には窓が一つある。逆に言えば一つだけしかない。

 

先輩二人は、そのたった一つしかない窓に背を向けて座っていた。

その先輩たちと向かい合うように座った私。

 

私には見えていた。

 

だんだんと窓の外が明るくなっていくのを。



満足いくまで楽しんだところで、この日はお開きとなった。

 

朝8時のことである。



私と2歳上の先輩は、帰宅することになり、3歳上の先輩は見送りに出てくれた。

 

顔を出したばかりの日差しが、冷たい空気に少しの暖かさを与える朝。

眩しそうな顔の先輩が「いやー、眠い」と呟いた。



私は言った。

 

「先輩に対して失礼なのはわかっていますが、言わせてください。」



「馬鹿じゃないんですか。」




この日から、私は先輩たちとさらに仲良くなった。