No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

私の実体験に見る、条例で無理にゲームを制限しない方が良い理由

条例でゲームを制限することの是非

 

香川県で「ネット・ゲーム依存症対策条例」なるものが施行された。

18歳未満の子どものネットやゲームの利用時間を、平日は60分、休日は90分を目安に制限する条例だ。

 

とはいっても、違反すれば罰則があるようなものではなく、各家庭での判断に任せるものであり、存在する意義があるのかどうかわからない条例である。

 

しかし、施行された以上は、厳しき制限する家庭も出てくるだろうし、香川県外でも取り入れる家庭は出てくるかもしれない。

 

ただ、私はむやみにゲームを制限することには反対だ。

無理に制限をしてしまうと、たがが外れた時に、えらいことになりかねないから。



二度の我慢をすることになった『428~封鎖された渋谷で~』

f:id:if_broken:20201127231835j:plain


私の好きなゲームに『428~封鎖された渋谷で~』というものがある。

一番好きなゲームと言っても過言ではないかもしれない。



『428~封鎖された渋谷で~』との出会いは、ほんの偶然だった。

店に並んでいるのを見て、パッケージに惹かれ、パッケージ裏のゲーム内容を見てさらに惹かれた。

 

しかし、すぐに買うことはなかった。

というよりも、買えなかった。

 

『428~封鎖された渋谷で~』はWii用のソフトとして発売されていたのだが、その当時Wiiを持っていなかったのだ。

 

惹かれる気持ちを抑えて、その場は諦めることにした。



それから少しして、二度目の出会いを果たす。

 

書店でゲーム雑誌を立ち読みしていると、『428~封鎖された渋谷で~』の広告が目に入ったのだ。

 

その内容は、私にとって朗報だった。

PSPPS3に移植されて、発売されるというのだ。

 

PSPを持っていた私は、今度こそ『428~封鎖された渋谷で~』の購入を決めた。

しかし、またしてもすぐに買うことはしなかった。

 

移植版が発売される年、私は高校3年生だった。

さすがに大学受験を控えたタイミングで、新たなゲームを購入する勇気はなかった。



驚愕したプレイ時間

 

大学受験を終え、受験勉強から解放された私は、すぐにゲームショップへ向かった。

割と人気が高い作品で、最初の何店舗かは在庫切れ。

 

個人経営の小さなゲームショップで、なんとか購入することができた。

 

足早に帰宅した私は、すぐにゲームを起動した。

 

楽しみにしていたからか、二度の我慢を強いられていたからか、ゲームそのものの出来がよかったからか。

 

夢中になってストーリーを進めた。



あるタイミングでセーブをしようとしたとき、プレイ時間を見て驚いた。

70時間となっていたのだ。

 

プレイ時間が70時間であること自体は、それほど驚くことではない。

クリアまでのプレイ時間が100時間近くになるゲームも珍しくはないからだ。

 

では、なにに驚いたのか。

 

帰宅してゲームを開始してから、そのタイミングまでで、およそ80時間しか経っていたかったのだ。

 

つまり、PSPの電源を切ったり、スリープ状態にしたりしていたのは、10時間ほどしかないということになる。

 

たしかに、寝る間も惜しんでストーリーを進めていたのだから、当然と言えば当然だ。

 

もともと小説を読んでいるときも、続きが気になると夜明けまで読んでしまう性格だが、ゲームにこれほど熱中したのは初めてだった。

 

おそらく、二度に渡る我慢を強いられた結果がこれなのだろう。



私がこのような状態になったのは、『428~封鎖された渋谷で~』以降ないのだが、無理にゲームを制限することで、制限が解かれたときに、余計にゲームに没頭してしまう人も出てくるのではないだろうか。

 

そんなふうに、私は思っている。