No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

未だ知ることのない、あの日の父の優しさの真相

父との思い出

 

私には父がいない。



今回の話を書くにあたって、やはり事実は明かしておいた方がいいと思い、こう書いたのだが、思いのほか重たい書き出しになってしまい、私自身困惑している。

 

しかし、重たい話など一つもない。ただ両親が離婚したというだけのことだ。今日日、両親が離婚する家庭なんて珍しくもなんともない。



父が居なくなってすぐは、片親であることに引け目を感じたり、父に対して少しの恨みを感じたりした。

 

けれども、今はそんなこともなくなった。

 

父のことは、好きでもないし、嫌いでもない。会いたくないとも、会いたいとも思わない。

 

多分、仮に会ったとしても、感動の再会みたいなことにはならない。



そんなドライな感じではあるが、幼い頃は少なからず父親でいてくれたわけで、いくつかの思い出もある。

 

今回書く話は、そんな思い出の一つ。



ONE PIECE』にはまった小学生時代

f:id:if_broken:20210106145533j:plain

 

私は小学校四年生のときに、 『ONE PIECE』を読み始めた。

 

それ以前からマンガは連載されていたし、アニメも放送されていたが、四年生になったあたりでクラスの男子のほとんど、加えて女子も数人が『ONE PIECE』を読んでいるという状態になっていた。

 

当時から天邪鬼だったのか、私はどうにも見る気になれなかった。

 

ここで母は心配するのである。友達との会話についていけるのだろうか、それがきっかけでいじめられないか、と。

 

そしてある日、母から ONE PIECE の単行本1巻から4巻を授けられることになる。



結果だけを書くと、母の思惑通り、私はまんまと『ONE PIECE』にどハマりした。

 

しかし、授けられたのは4巻までで、5巻以降は自分のお小遣いで買わなければならなかった。

 

その当時、『ONE PIECE』は19巻が発売された頃。ストーリーでいうと、アラバスタ編の真っ只中で、クラスでの会話も、そのあたりのストーリーについての話題ばかりだった。

 

私は5巻以降のストーリーが気になり、もやもやとした毎日を送ることとなった。



父が私に買い与えたもの

 

書店に行っては、『ONE PIECE』が並ぶ棚を眺め、帰宅したら1巻から4巻を読み返す。そんな日々だった。



ここで満を持して父の登場である。

 

ある日、外出先から帰宅した父が「『ONE PIECE』買ってきたよ」と、書店の紙袋を手渡してきた。

 

私は喜んだ。なにせ、読みたくても読めなかった5巻だ。

 

私はさっそく紙袋の封を開けて『ONE PIECE』を取り出そうとした。



のだが、ある違和感を覚えた。



いや、そんなはずは。



もう一度、紙袋を覗き込む。

 

明らかに、袋に入っているその本は、黄緑色をしているのだ。



私は知っていた。何度も書店で見てきたのだから。

ONE PIECE』の5巻の表紙は白なのだ。



私はおそるおそる、紙袋から本を取り出した。

 

出てきたのは、『ONE PIECE』の19巻だった。

 

f:id:if_broken:20210106145545j:plain

 

これについて、父を責めるつもりはない。だって、父は「『ONE PIECE』を買ってきた」と言っただけで、一言も「『ONE PIECE』の5巻を買ってきた」とは言っていないのだから。

 

なぜ4巻までしか持っていない私に、19巻を買い与えたのか。

いまだに疑問である。