No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

今なお多くの人に愛される名作『ウィッシュルーム 天使の記憶』

2007年に生まれた名作

 

ニンテンドーDSが生まれて4年目の2007年。

一本の名作ゲームが生まれた。『ウィッシュルーム 天使の記憶』である。

 

f:id:if_broken:20210118141232j:plain

 

パッケージにも書かれているとおり、ニンテンドーDSで楽しめるミステリーアドベンチャーだ。



元刑事で、今はセールスマンをしている主人公、カイル・ハイド。

刑事時代の同僚で、行方をくらましてしまったブラッドリーを、刑事を辞めた今でも探し続けていた。

 

セールスマンとしての仕事で訪れた『ホテル・ダスク』。

カイルが宿泊することになった部屋は、願いが叶うという噂のある部屋だった。

 

そして、泊まり合わせた客たちは、なにか秘密を抱えている。

 

この宿泊客たちと関わっていくなかで、ブラッドリーの手がかりの気配を感じ始める。

 

宿泊客たちは、それぞれどのような秘密を抱えているのか。

願いが叶う部屋の噂の真偽は。

ブラッドリーの失踪の真相は。



ホテルという限られた場所で繰り広げられるミステリー。

10章立てで、続きが気になるストーリーとなっており、ついつい続けて遊んでしまう。



ニンテンドーDSで発売された意義を感じる

 

ストーリーも素晴らしいが、『ウィッシュルーム 天使の記憶』には、もう一つの見どころがある。

 

それは、ニンテンドーDSで発売されたことと関係している。

 

ニンテンドーDSは、

 

折り畳み式であること

2画面であること

下画面がタッチパネルになっていること

 

が特徴である。

このゲームは、ニンテンドーDSの特徴をうまく活かしているのだ。



まず、このゲームで遊ぶ場合は、ニンテンドーDSの本体を縦に持って操作する。まるで本を持っているかのように遊ぶことができるのだ。

 

そして移動は、タッチパネルに表示されたマップのマークをスライドすることで移動していく。もう片方の画面には、一人称視点が表示される。

 

f:id:if_broken:20210118141324j:plain

 

またストーリーの随所で謎解きがでてくるのだが、それらの謎を解くために、タッチ操作をする必要がある。

 

さらに、謎解きに関していうとタッチ操作ばかりでなく、ある場面では、ニンテンドーDSの本体を閉じることで解ける謎もある。



どのような操作が必要になるのかを考える楽しみも、このゲームの印象的な部分だ。



今プレイしても見劣りしない

 

最近のゲームは、グラフィックが非常に進歩している。

 

ニンテンドーDSは、CGでの表現が主流になってきた携帯ゲーム機であるが、ニンテンドー3DSなどに比べるとグラフィックの質は落ちる。

 

今遊ぶと、画面が見づらいと感じる作品も少なくはない。

 

しかし『ウィッシュルーム 天使の記憶』は、無理にCGを使っていない。

キャラクターは手書き風である。

 

f:id:if_broken:20210118141404j:plain

 

CGを使っている部分は、一人称視点の画面や、謎解き画面だけ。人物をCGにしていないから、それほど荒さは目立たないように感じる。



ストーリー、操作性、グラフィック。

どれを取っても、今プレイしても楽しめる。

 

いまだにSNSなどで、『ウィッシュルーム 天使の記憶』について投稿している人を多く目にするが、長く愛される所以を実感した。

 

 

ニンテンドーDSソフトウィッシュルーム 天使の記憶