No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『歌舞伎町ダムド』読む前にしてほしい2つの準備

前作よりも熱い展開を

 

前作『歌舞伎町セブン』で描かれた事件の後、歌舞伎町にはさらなる危険因子が生まれていた。

 

『ジウ』三部作で数々の事件を起こしてきた謎の人物「ジウ」。その「ジウ」の後継者であると信じ、ひそかに活動し始める人物「ダムド」。

 

『ジウⅢ 新世界秩序』で起きた歌舞伎町封鎖事件。「ダムド」もまた、同様の事件を起こし、歌舞伎町を混乱に陥れてしまうのだろうか。

 

前作より、さらに熱い展開が楽しめる『歌舞伎町ダムド』。

 

f:id:if_broken:20210122165942j:plain

 

 

過去作を読んでから、今作を読んでほしい

 

この作品を読む際、2つのことに注意してもらいたい。

 

1つ目は、『ジウ』三部作とそれに続く『ハング』『歌舞伎町セブン』を読んでから、今作『歌舞伎町ダムド』を読んでもらいたいということだ。

 

「ダムド」が「ジウ」の意思を継いでいることからも、『ジウ』三部作を読んでおいた方が楽しめるのは間違いない。

 

さらに、他の登場人物の過去が描かれる場面があるのだが、これも今までの作品を読んでおいた方が楽しめるはずだ。



また、物語の最後で、登場人物の一人「ミサキ」がこんなことをいう。

 


”あたしたちはね……プロなんだよ”



ここで多くは書けないが、この「あたし”たち”」という表現が、シリーズを通して読んでいると、なんだか嬉しくなってしまうのだ。



鳥肌が立つほどの強烈な表現を覚悟して

 

そして、もう1つの注意点は、グロテスクな表現を覚悟しておかなくてはならないことだ。

 

今作は序章、一章から五章、終章と七章で構成されているのだが、序章からグロテスクさが吹っ切れている。

 

読み始めてすぐに、鳥肌を立たせることになるとは思いもしなかった。

 

今まで誉田哲也さんの作品は、数々読んできたが、1,2を争うほどの強烈な表現だと思っている。



この2つの準備が整ったら、ぜひ読んでもらいたいと思う。