No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

学校にゲーム機を持って行く高校生の姿は今も昔も変わらないけど、変わった部分もある

放課後の教室でゲームを楽しむクラスメイト

 

ゲームの思い出は、いろいろとある。

 

その中でも高校時代の思い出は、今の私とゲームの関わり方に影響を与えているような気がする。

 

高校生にもなると、先生に隠れて少しくらい校則を破るのが世の常というもの。

 

私のクラスでも、不要な物を学校に持ち込んではいけないという校則を破って、ゲームを持ち込むクラスメイトがたくさんいた。

 

ニンテンドーDSポケモン

PSPでモンハン。

 

放課後の教室では、ポケモンバトルや狩猟が繰り広げられる毎日だった。



そうしてクラスメイトが楽しんでいる中、無駄に真面目だった私は、その様子を遠くから見ているだけだった。



みんなでゲームを楽しむ魅力を知った

 

それまでは一人でプレイするRPGなどが主で、みんなで楽しむようなゲームには触れてこなかったのだが、クラスメイトの様子を見ていたことをきっかけに、PSPの本体とモンハンを購入した。

 

もちろん学校に持って行くようなことはしなかったが、休日に友達と遊んだのは良い思い出だ。

 

それに、このできごとが無かったら、当時PSPは購入していないと思うし、今も購入しないままで、プレイできるゲームの幅が狭くなっていたような気がしている。

 

これは10年以上前の話だが、今の時代も同じように、こっそりと校則を破っている中学生、高校生は多いのではないだろうか。

 

スマホを持って行ってはいけないのに、スマホを持って行っては、通学中にゲームをしてみたり、友だちと写真や動画を撮ってみたり。

 

褒められたことではないし、校則を破ることを勧めるつもりはないけれど、大人になって思い返すと、良い思い出だったと思えることもある。



電車で高校生がおもむろに取り出したモノ



ある日、私は通勤のために電車に乗っていた。

 

周りの人を見ていると、だいたいの人はスマホの画面とにらめっこしている。

 

なにか調べ物をしているのか、はたまたゲームをしたり、マンガを読んだりしているのか。

皆、思い思いの時間を過ごしながら、電車に揺られている。

 

と、私の前に座った男子高校生が、おもむろに持っていた鞄を漁りだした。

 

そして取り出した。



Nintendo Switchを。

 

f:id:if_broken:20210208171332j:plain

 

私が高校生のときの、学校にニンテンドーDSPSPを持って行くような感覚なのだろうが、さすがにNintendo Switchとなると、少し話は変わってくる。

 

たしかに、今は携帯ゲーム機を出しているメーカーがなくなってしまい、Nintendo Switchが一応の携帯ゲーム機の役割を担っている。

 

しかし、携帯できるとは言え、学校に持って行くのは、さすがになにか違う気がするのだ。



せめてNintendo Switch Liteなら、とも思うが、昔の携帯ゲーム機を考えると、どうもしっくりとこない。



そんなことを考えつつ、私の考えが古いのかと、少し悲しみを抱いた朝だった。