No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

週末の夜のんびりと楽しみたい一人用ボードゲーム『コーヒーロースター』

コーヒー豆の焙煎をテーマにした一人用ボードゲーム

 

コーヒーは、コーヒーの生豆を焙煎することで生まれる。

焙煎の度合いによって、コーヒーの味わいは変わるから、焙煎する人の腕がものを言う。

 

『コーヒーロースター』は、そんなコーヒー豆の焙煎をテーマにした一人用ボードゲームだ。

 

f:id:if_broken:20210214104820j:plain

 

ボードゲームアナログゲームには、一風変わったものもあるが、コーヒーの焙煎をテーマにしたものは、唯一無二といってもいいかもしれない。



作者も、この先10年は、誰も似たものを作らないようなソロゲームを作りたいとの考えから、この『コーヒーロースター』を生みだしたそうだ。

 

///Saashi & Saashi note リンク

 

しかし、いざ実際に遊んでみると、一風変わっているだけではないことがわかる。しっかりと考え込まれており、ゲームとして楽しめるのだ。



焙煎をうまく表現したゲーム性

f:id:if_broken:20210214104856j:plain

 

ゲームの目的は、コーヒー豆チップに書かれた焙煎度を上げていき、焙煎度の合計を設定された理想値に近づけることである。

 

設定された理想値に近ければ高得点が得られるし、遠ければ得点は得られない。



1ターンごとに決められた枚数のチップを、中を見ずに袋から取り出す。

取り出した豆のチップは、1つ上の焙煎度のチップに取り換えて、また袋に戻す。

 

こうしてターンを進めていく。

 

この、袋からチップを取り出して焙煎度を上げ、袋に戻すという一連の動きで、コーヒー豆の焙煎を再現しているのだ。



袋の中の豆チップの焙煎度が丁度良いと判断するか、ターン終了時に移動させるシート状のメーターチップが一番右まで行ったら、カップテストに移る。



ゆっくりとコーヒーを飲みながら

f:id:if_broken:20210214104934j:plain

 

カップテストでは、袋からランダムに10枚のチップを取り出し、カップシートに並べる。

 

このカップシートに並べた豆チップの焙煎度の合計が、理想値に近ければ高得点となるわけだ。

 

つまり、焙煎が足りなければ合計の数値も足りなくなるし、焙煎し過ぎると、高い数値の豆チップしか引けず、これもまた理想値から離れていくことになる。

 

また豆チップの焙煎度は4までで、それ以上焙煎を進めてしまうと、焦げ豆となり、マイナス点となってしまう。

 

この焙煎度合の調整は、単純でありながら非常に難しい。



さらに、ターン中は豆の焙煎だけでなく、様々な操作もできる。

 

たとえば、フレーバーチップを使って、不要なチップを排除したり、2枚の豆チップの焙煎度を合わせて1枚の豆チップにしたり、その反対に1枚の豆チップを1枚の豆チップに分けたり。

 

フレーバーチップをうまく使えば、ゲームを有利に進めることができる。

 

その反面、カップテストのときに、指定されたフレーバーチップをカップシートに置くことができれば、追加で得点が入るので、フレーバーチップの使いすぎにも注意しなければならない。



実際のコーヒー豆の焙煎は大変な作業だろうが、その大変さの一片を垣間見れるようなゲームである。

 

それでいて、コーヒーをテーマにしていることもあり、切羽詰まった大変さはなく、のんびりと楽しめる。



週末の夜、ゆっくりとコーヒーを飲みながら、時間をかけて遊んでみてほしい。