No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

カテゴリ分けが苦手な人におすすめしたい『Scrapbox』

情報をまとめるのに役立つサービス

 

情報収集をするのは、楽しいものである。

 

自分の知らないことを知れるのは、自分の成長にもつながるし、日常生活の豊かさにもつながるような気がする。

 

情報収集をするうえで、得た情報をまとめておくと、その情報を使いたいときに、すぐに引っ張り出してくることができる。

 

では、その情報をどこにまとめておくかということになるのだが、今はそういった情報をまとめておけるサービスやツールがたくさんある。

 

有名なところでいえば、EvernoteOneNoteといったものがある。

 

そんな中、私はScrapboxというサービスを使っている。

 

f:id:if_broken:20210216152436j:plain

 

最近はNotionというサービスが注目を集めていて、私はこういう新しいサービスが好きだから、Notionも気になり少し使ってみた。

 

しかし、やはりScrapboxの方が合っていると感じた。



カテゴリ分けが苦手なら『Scrapbox

 

Scrapboxをおすすめしたいのは、物事を正確に分別することが苦手な人だ。

というのも、私もその一人なのだ。

 

EvernoteやNotionは、ページを作成したら、該当するカテゴリに分類して整理していく。

 

たとえば、仕事に関するページは仕事のカテゴリに、趣味に関するページは趣味のカテゴリに、といった感じだ。

 

このくらい大まかな分類ならまだ良いが、ページが増えてくると、大まかな分類では乱雑になってしまう。

 

そこで、さらに細かく分類していくことになるのだが、カテゴリが細かくなると分類が難しくなる。

 

どちらのカテゴリにも分類できそうなページが出てくるのだ。

しかし、ページは一つだから、どちらか一方のカテゴリにしか入れられない。

 

こうしてカテゴリ分けは頓挫してしまう。

 

しかし、Scrapboxにはカテゴリ分けという概念が存在しない。

全てのページを、同じ箱の中に全部入れてしまえるのだ。

 

全てのページが同じ場所にあると、それこそ乱雑になってしまいそうだが、決してそんなことはない。

 

Scrapboxでは、ページにタグをつけ、それがリンクとして機能する。

 

たとえば、ページ内に出てくる「ゲーム」という単語にタグをつける。すると、その他の「ゲーム」という単語が入っているページが勝手につながってくれるのだ。

 

つまり、一つのページから、似たような内容のページがどんどんと繋がっていく。

 

無理にカテゴリ分けをせずとも、勝手にカテゴリ分けされたような状態になるわけだ。



自分好みにカスタマイズできる

f:id:if_broken:20210216152618j:plain

 

Scrapboxの面白さは、それだけではない。

 

この、リンクでページが繋がっていくことが、思わぬ発見を与えてくれる。

 

私は、すでに持っている本や、欲しい本、気になった本をScrapboxに保存している。

そして、そのページには著者名をタグとしてつけている。

 

すると、気になった本とすでに持っている本の作者が、実は同じだということがある。

 

こんな風に、思いもよらないページごとの繋がりから、新たな発見ができる。



また、ページにはシャッフルボタンがある。

これを押すと、ページがランダムで表示される。

 

この機能もまた、ページが埋もれてしまうことを防いでくれる。



さらに、Java ScriptやCSSを使うことで、自分好みにカスタマイズすることもできる。

 

背景画面を変更したり、文字数をカウントしてくれる機能を追加したり。

 

こういったカスタマイズ方法は、他のScrapboxユーザーが公開してくれているので、知識がなくても挑戦できる。




Scrapboxは、他のサービスにない魅力を持っている。

 

カテゴリ分けが苦手で、こういったサービスを使いきれないという方は、一度Scrapboxに触れてみてほしい。

 

scrapbox.io