No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

ストーリーはほぼミステリー小説『イナズマイレブン』

食わず嫌いはよくないと再認識させられた

 

できるだけ様々なゲームに触れてみようと思っている。

 

しかし、全てのゲームをプレイすることは無理だから、中には特に触れるつもりのないゲームもある。

 

イナズマイレブン』も、そんなゲームのうちの一つだった。

 

f:id:if_broken:20210216144307j:plain

 

サッカーにたいした興味がなかったし、子ども向けの作品だという印象も強かったからだ。

 

ところが、一作目の『イナズマイレブン』が、ニンテンドー3DSで無料配信されているのを見つけ、「無料なら」とプレイしてみることにした。

 

結果からいうと、『イナズマイレブン』にはまってしまった。



操作に慣れると夢中になれる

 

イナズマイレブン』は、主人公の円堂守がキーパーを務める、雷門中学校のサッカー部が、全国大会制覇を目指す、スポーツゲームである。

 

ただ蓋を開けてみれば、そのサッカーはとんでもないものである。

 

試合中、選手たちは当たり前のように必殺技を使う。

 

f:id:if_broken:20210216144358j:plain

 

分身してみたり、時を止めてみたり。

ドラゴンや魔人を召喚し始める者もいる。

 

このとんでもない世界観は、たしかに子ども向けとも言える。



また、サッカーの試合パートは、タッチペンで操作する。

ボタンはほとんど使用しないため、慣れないうちは試合に勝てる気もしないし、勝てないゆえに投げ出しそうになってしまう。

 

しかし、一旦慣れてしまうと、良い試合展開に持って行きやすくなるし、必殺技を放てる爽快感がくせになる。



この新しいゲーム性は、私を夢中にさせた。



ミステリー小説のようなストーリー

 

ゲーム性は、比較的子ども向けであるが、ストーリーは子ども向けではない。

 

私はよくミステリー小説を読むのだが、『イナズマイレブン』のストーリーは、ほぼミステリー小説のそれである。

 

「登場人物の正体は、実は・・・」とか

「過去の事件の真相は・・・」とか

 

ストーリー中に起きるできごとも、非常に殺伐としていて、サッカーの試合パートからは想像できないほど、ハードなストーリーが展開されていく。

 

f:id:if_broken:20210216144431j:plain

 

さらに、これはエンディングを迎えたときに気づいたのだが、音楽は『クロノ・トリガー』で有名な光田康典さんが担当している。

 

この光田さんの音楽が、ゲームに魅力を加えてくれている。



この新しいゲーム性と、大人でも楽しめるストーリー、そしてそれらを支える音楽。



この3つの魅力がうまく交わった、とても素晴らしいゲームだということを発見できた。

 

 

一作目のみ、こちらから期間限定で無料ダウンロードできる。

 

www.inazuma.jp



 

 

駿河屋でも購入できる。

 

ニンテンドー3DSソフトイナズマイレブン 1・2・3!!円堂守伝説