No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

10年ぶりに足を運んだ京都で感じた旅の魅力と意味

中学生のあの日から、心を掴んで離さないもの

 

中学生のころから、私の心をつかんで離さないものがある。

金閣寺だ。

 

それまで教科書では、幾度となく見てきた。

けれど、やはり実際に見ると、印象が大きく変わった。



中学生で、好んで神社や寺を見て回る人は、それほど多くないだろう。私もその一人だった。

 

しかし、修学旅行の行き先は、例に漏れず京都。

京都になんの魅力も感じていなかったし、もちろん神社や寺も興味はなかった。

 

金閣寺にしても、ただ金色の建物だろうと、その程度に考えていた。



まさか目の前にした瞬間に、心をひきつけられるなどと思いもしなかった。

 

私の心をひきつけたのは金閣寺だけでなく、京都の街並みもまた、私をひきつけたのだった。



10年ぶりに見た金閣寺

 

その日から、京都は私が好きな土地の一つとなった。

 

しかし、修学旅行から帰ってきて以降、京都を訪れる機会は一度もないまま、大人になってしまった。

 

いつかまた、京都の空気や金閣寺の輝きを肌で感じたい。

抱いてきた思いが、10年ごしに叶った。



ある年の誕生日に、誕生日プレゼントとして京都への旅行を用意してもらったのだ。

 

10年ぶりに歩く京都の町。

もちろん金閣寺にも足を運んだ。

 

あの日と変わらぬ輝きをたたえた姿がそこにあった。

 

f:id:if_broken:20210218202740j:plain



好きな地が目標になってくれる

 

大人になっても変わらない感動。

むしろ、年を重ねたこともあってか、感動も大きくなっていたような気がする。

 

やっぱり私は京都が好きだ。

そう、改めて感じさせられた。

 

f:id:if_broken:20210218202813j:plain

 

またいずれ訪れたいと思うし、頻繁に足を運べる環境を作れればとも思う。

それが実現できるように、日々を頑張ろうと思えるのだ。

 

こうやって、好きな地ができて、それが目標になってくれる。

 

そういう出会いも、旅の魅力で、旅をする意味でもあると思う。