No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『Scrapbox』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』で実現する、頭に残る読書ノート

すべてを1冊のノートにまとめれば迷わない

f:id:if_broken:20210223182142j:plain

 

『読書は1冊のノートにまとめなさい』という本がある。

 

奥野宣之さんの著書である『情報は1冊のノートにまとめなさい』『人生は1冊のノートにまとめなさい』に並ぶ、『1冊のノートにまとめなさい』シリーズの一冊だ。

 

私は趣味として本を読むことも多いのだが、どうも内容が頭に残らないことがある。

 

なにかもっと身になる読書の方法はないかと考えていたときに、この本と出会い、手に取った。



タイトルからもわかるように、読書に関することは、すべて1冊のノートにまとめることが勧められている。

 

たとえば、読んだ本の感想を、本のジャンルごとにノート分けて記載すれば、非常に見返しやすくなると思う。

 

しかし、ノートの冊数が増えていくと、どのノートに何が書いているのかが煩雑になってしまう。

 

そうなるくらいなら「すべてを1冊にまとめなさい」というのが、この本の趣旨である。



デジタルで再現すれば検索性が増す

 

私自身も、複数のノートに分かれてしまうのは、好きではない。できれば1冊のノートにまとめたいと思っている。

 

しかし、『読書は1冊のノートにまとめなさい』を読んでいると、アナログゆえに検索性に不安があった。

 

もちろん検索性を向上させるため、しっかりと考え込まれた手法も記載されているが、ものぐさな私には、少し敷居が高いように感じた。

 

そんな中、思いついたのが『Scrapbox』の活用である。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

Scrapbox』を紹介した際にも書いたが、基本は情報を記載したページにタグをつけて放り込むだけ。あとはタグが関連するページを引っ張って来てくれる。



この『Scrapbox』の使い方と、すべてを1冊にまとめる手法はマッチしているのではないかと思ったのだ。

 

f:id:if_broken:20210223182222j:plain

 

実際に、読んだ本の著者名や出版社名などの基本情報をはじめ、読んだ感想を『読書は1冊のノートにまとめなさい』を参考に記載している。

 

著者名と出版社名にはタグをつけているので、同じ著者、同じ出版社の別の書籍が表示される。



『読書は1冊のノートにまとめなさい』の趣旨を、『Scrapbox』でデジタルに置き換えることで、より検索性が増し、読書ノートをつけやすくなった。



読書との向き合い方を見直せる一冊

 

『読書は1冊のノートにまとめなさい』に書かれている手法は、アナログのノートでまとめることを前提にされているが、デジタルにも取り入れやすい内容となっている。

 

また、読書ノートのつけ方だけでなく、書籍の探し方や、メディアの見方なども紹介されている。

 

読書をしていても、内容が記憶に残らないと悩んでいるのなら、一度手に取ってもらいたい。

 

そして『Scrapbox』などのデジタルツールを活用して、読書との向き合い方を見直してみてほしい。