No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

この世に小さな勇者が生まれた日

勇者になった夏休み

 

初めてドラクエと出会ったのは、小学4年生のとき。

ドラクエ好きな叔父がきっかけだった。

 

そのころ、主にポケモンばかりをやっていて、他のゲームはほとんど触れていなかった。

 

そんな私を見て、「ドラクエをやってみてほしい」と、『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』のソフトを、プレイステーションの本体ともに貸してくれたのだ。



その年の夏休み、私は勇者になった。



圧倒的な難易度を前に挫折

 

しかし、私の初めての冒険は、そう長くは続かなかった。

 

というのも『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』、特にプレイステーション版の『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』は、いまなお話題になるほどの難易度なのだ。

 

世界各地で石板を見つけ、その石板を神殿の台座にはめることで、さらに行ける島が増えていく、というストーリーである。

 

f:id:if_broken:20210225172801j:plain

 

その石板を探すことが、『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』の主な目的であり、恐ろしいほどの難易度にしている原因でもあるのだ。

 

とにかく石板が隠されている場所がわかりにくい。

 

最初に見つける石板は、明らかに石板とわかる形で転がっている。

 

こうやって石板を見つけていけばいいのだと理解はしたのだが、それも最初だけ。

ほとんどは宝箱に入っており、一目で石板かどうかはわからない。

 

宝箱に入っているなら、まだ重要な存在に感じられるが、果てはツボの中に入っていることもある。

 

これは一筋縄ではいかないなと、子どもながらに思ったものだ。



当時、すでに大人だった人でも頭を悩ませたらしい。それを、たいしてゲームに触れてこなかった子どもがプレイすれば、挫折するのは火を見るよりも明らかである。



どこまで進めたかは覚えていないが、ガボというキャラクターが好きで、ガボを仲間にして冒険を終えた記憶がある。



ドラゴンクエスト導かれし者たち』で魅力を堪能

f:id:if_broken:20210225172741j:plain

 

そんな私を見かねた叔父は、新たなゲームソフトを持ってきてくれた。

プレイステーション版の『ドラゴンクエスト導かれし者たち』だ。

 

これならクリアできるだろうと選んでくれたようだった。

 

叔父の考えは見事に的中し、私は『ドラゴンクエスト導かれし者たち』を、エンディングまで突っ走った。

 

ストーリーは理解できていたかどうかは怪しいものだが、それなりに何か感じるものがあったのだと思う。そうでなければ、あれほど夢中にはならないだろうから。

 

クリア後に出てくる隠し要素まで遊びつくし、ドラクエの楽しさ、魅力を存分に堪能した。



それから数年して、ニンテンドーDSで、プレイステーション版の『ドラゴンクエスト導かれし者たち』の移植作品が発売された。

 

もちろんそれも購入し、あのときと同じようにストーリーのクリア後まで楽しんだ。



ドラゴンクエストエデンの戦士たち』で挫折したままだったら、きっとドラクエそのものに苦手意識を持っていただろうし、今でもプレイしていないかもしれない。



こうして一度は勇者になりそこねた少年は、無事に勇者になれたのだった。



ニンテンドーDSソフトドラゴンクエストIV 導かれし者たち[アルティメットヒッツ]

 

ニンテンドー3DSソフトドラゴンクエストVII エデンの戦士たち