No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

今でも思い出す『ポケットモンスター 緑』に初めて触れた時の記憶

ポケットモンスター 緑』の記憶

f:id:if_broken:20210227135203j:plain

 

他の記事でも、何度も触れているが、私が生まれて初めてプレイしたゲームは『ポケットモンスター 緑』である。

 

通っていた幼稚園でアニメのポケモンが人気となり、その人気からゲームを始める友だちもたくさんいた。

 

私もそんな中の一人だった。



そんな思い出も、今となっては遠い昔のことではあるが、『ポケットモンスター 緑』について、今でも記憶に残っていることがある。



幼い私が受け入れられなかったこと

 

さきほども書いたが、私はアニメからゲームへと移っていった。

アニメのイメージを強く持った状態で、ゲームを始めたのだ。

 

当時のゲームハードはゲームボーイだったから、画面は白黒でドット絵だった。

 

ただ、不思議と抵抗なく受け入れることができた。



しかし、一つだけ受け入れられなかったことがある。

ピカチュウの鳴き声だ。

 

アニメのピカチュウの鳴き声は、今と変わらず大谷育江さんの可愛らしい声だった。

 

そのイメージを持ったまま、トキワの森ピカチュウと出会ったものだから、アニメとは似ても似つかない、機会音のような鳴き声にショックを受けた。



今でこそ、ゲームでもアニメと同じ音声が使われているから、理解できないという人も多いかもしれないが、当時『ポケットモンスター 赤・緑』をプレイしていた人に中には、同じ経験をした人もいるのではないだろうか。



ポケモンセンターの勘違い

f:id:if_broken:20210227135250j:plain


もう一つの記憶は、ポケモンセンターの記憶。

 

ポケモンの世界では、ポケモン同士を戦わせる。その中で減ってしまったHPを回復させられる施設がポケモンセンターである。

 

当時の私は幼稚園生。5歳ほどだったろうか。

 

ポケモンそのものが好きでゲームをしていたが、ゲームそのもののシステムは、さほど理解していなかった。

 

だから、ポケモンセンターに行けば、ポケモンのレベルが上がると思っていた。



ところが、何度ポケモンセンターに通いつめても、いっこうにレベルが上がる気配がない。

 

友だちに聞いてみたところ、鼻で笑われ、単にHPを回復するだけであることを教えられた。

 

これについては、同意を得られるとは思っていない。おそらく私だけの勘違いだろう。



長くプレイしているゲームだからこそ、こうして思い返すと、いろいろな思い出が溢れてくる。

 

それもポケモンというコンテンツの魅力ではないだろうか。