No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『キングダムハーツ 358/2 days』三人が過ごした358日の物語

新鮮さが詰まった『キングダムハーツ

f:id:if_broken:20210308211026j:plain

 

シリーズ初、ニンテンドーDSでの作品となった『キングダムハーツ 358/2 days』。

 

この作品は、新鮮さに溢れていると感じた。

 

ニンテンドーDSでのマルチプレイがメインに据えられており、複数人でのプレイが楽しめる。『キングダムハーツ』は一人で楽しむものという固定概念を覆すものとなっている。

 

また、ナンバリングタイトルでの主人公はソラだが、今作ではソラと敵対する組織『ⅩⅢ機関』に所属するロクサスが、ストーリーの主人公となっている。

 

ストーリーの進行の仕方も他作品と異なる。ロクサスは機関の拠点で任務を受注して、一つ一つをこなしていく。そのクエストの合間にイベントが挟まる形でストーリーは進行していく。

 

ニンテンドーDSという、どこでも楽しめるハードであったため、短時間で少しずつ進められるように、このような形になったそうだ。



シリーズ内の位置付けは『キングダムハーツ』と『キングダムハーツⅡ』の間であり、正史からは外れた外伝的な作品である。だからこそ、これほどに新鮮な要素を入れ込んでいるのだろう。

 

しかし『キングダムハーツ 358/2 days』は、外伝と一言で片付けるには惜しい作品だと思っている。



三人がずっと一緒にいられればと願った

 

発売当初、私はマルチプレイにばかり目が行ってしまい、ストーリーはないがしろになっているのではないかと思っていた。

 

実際にプレイしてみて、当時の私を殴ってやりたいとすら思うくらいには素敵なストーリーであった。

 

f:id:if_broken:20210308211113j:plain

 

ロクサスが所属する『ⅩⅢ機関』は、心を持たない『ノーバディ』という存在が集う組織。

 

当然ロクサスも心を持たないわけだが、メンバーのアクセルやシオンと接していく中で、ずっと三人でいたいと思うようになっていく。

 

ところが、事はそううまく運ばないもので、三人は徐々に離れていってしまう。



プレイヤーである私はストーリー中の三人の姿を見せられているものだから、ロクサスと同じように、ずっと三人で一緒にいてほしいと願い、ストーリーが進むごとに心を痛めることになった。

 

そしてエンディングを迎え、私の目には涙が浮かんだ。



パネルを使ったカスタマイズが楽しい

 

注目すべきはストーリーだけではない。

 

まずゲームシステムが独特で面白い。

 

ロクサスの強化はパネルによって行われる。武器や任務に持ち込むアイテムはもちろん、魔法やアビリティまでもパネルになっている。それらのパネルをセットしなければ、任務中に使うことができない。

 

加えて、レベルもパネルになっている。

 

RPGなどと同じように、一定の経験値を得るとレベルアップするのだが、単にレベルアップするのではなく、レベルパネルが獲得できるのだ。

 

そのレベルパネルをセットして、初めてレベルが上がる。

 

f:id:if_broken:20210308211200j:plain

 

エストをクリアするごとに、パネルをセットできるエリアが広がっていくが、やはり何でもかんでも詰め込むことはできず、取捨選択が必要になってくる。

 

レベルは抑えて魔法をたくさん使えるようにするのか。

レベルを高めて、アイテムやアビリティはそこそこにするのか。

 

こういったことを考えながら、パネルをセットしていくのは非常に楽かった。



その他にも、ムービー中の2画面の使い方が斬新であったり、演出に伏線を忍ばせていたりと、見どころの多い作品だった。



キングダムハーツ HD 1.5 Remix』には、映像作品として本作が収録されているが、ゲームとして楽しめるのはニンテンドーDS版だけなので、こちらもプレイしてみてもらいたい。



ニンテンドーDSソフトキングダムハーツ 358/2 Days