No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

大人にこそ読んでほしい絵本『おおきな木』

大学を卒業したときの贈り物

 

大学生のころにアルバイトをしていた飲食店では、少し不思議な風習があった。

 

大学を卒業するなどで、アルバイトを辞めることになると、そのお祝いとして運営会社からプレゼントが送られるのだ。

 

そこまでは、割と普通のことかもしれない。

 

しかし、そのプレゼントというのが絵本なのだ。

 

だいたいが大学を卒業するタイミングでアルバイトを辞めるから、22歳とか23歳ということになる。

 

もう充分に大人になっている人間に、なぜ絵本なのか。

それがアルバイト先で、ずっと疑問視されていたことだった。


私が卒業するときも、例によって絵本をもらった。

 

タイトルは『おおきな木』。

 

本が好きな私は、全く嬉しくなかったわけではないものの、いまさら絵本もないだろうと、ずっと封も開けずに置いていた。

 

f:id:if_broken:20210417140848j:plain

 

心に触れてくる絵本

 

それから幾年月が流れたある日、部屋を掃除しているとき、本棚にこの絵本があるのを見つけた。

 

なにか理由があったわけではないが、せっかくだから読んでみようと、数年越しに封を開けた。

 

そこには、シンプルに描かれた一本の木と少年、そこに短くもやさしい文章が添えられていた。

 

おおきな木と、成長していく少年の姿を描いた、この絵本。


もともとは海外の絵本であり、それを村上春樹さんが翻訳している。

 

 

村上春樹さんが書いたあとがきには、次のように書かれている。

 

あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。それをあえて言葉にする必要もありません。そのために物語というものがあるのです。

 

だから私も、どう感じたのか、どう解釈したのかを書くつもりはない。

 

ただ、いろいろと考えてしまうところがあった。

 

今まであったできごと。
今まで出会った人々。

 

この絵本は、私の中にある今までの人生で培ってきたものに、かすかに触れてきた。

 

だからこそ、読みながら年甲斐もなく涙してしまったのだ。

 

絵本は子どもだけのものではない

f:id:if_broken:20210417141019j:plain



今までの経験や境遇によって、読んだときの感じ方は変わるのではないだろうか。

年齢など、読むタイミングによっても、以前に読んだときと違う感じ方をするかもしれない。

 

もの悲しくなったり、優しい気持ちになったり。

 

そんな気持ちの変化から、自分を見つめなおすきっかけにもなりそうだ。

 

絵本は子どものためのもの。
そう思わずに、ぜひ『おおきな木』を読んでみてほしい。