No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

文章を書く手が止まったときに開きたい『売れるコピーライティング単語帖』

文章表現の幅を広げてくれるかもしれない一冊

 

ライターという仕事に就いてから、様々な文章を書いてきた。

 

いろいろなテーマで。
いろいろな文体で。

 

その中で、私には悩みがあった。

 

どうしても文章表現が一辺倒になってしまうのだ。
文章が固くなってしまい、もう少しやわらかい表現にならないかと指摘されたこともある。

 

そんな私の悩みの一片を解決してくれそうな、ある書籍がSNSで話題にのぼっていた。

 

『売れるコピーライティング単語帖』。
コピーライティングに使える表現が詰まった一冊だそうだ。

 

f:id:if_broken:20210422164359j:plain

 

私は早速、『売れるコピーライティング単語帖』を購入した。

 

ページをめくっているだけでも楽しい

 

本を開いて感じたのは、とにかく面白いということ。

 

これは人によって意見が別れるところではあると思うが、文章を書くこと、読むことが好きな人は同じ感想を抱くのではないだろうか。

 

本書は「問題提起をする表現」や「親近感につながる表現」など、場面ごとに項目が分けられている。


そして各項目には、その場面で使える表現が、まさに単語帖の要領で掲載されている。

 

さらに、その表現が実際に使われているキャッチコピーなども紹介されているのだ。

 

f:id:if_broken:20210422164451j:plain

 

広告やポスターなどのキャッチコピーを眺めるのが好きな私にとっては、ここだけでも楽しめる。

 

その楽しみが、本書を開く機会を増やしてくれ、表現の幅を広げる機会にも繋げてくれているように感じる。


もちろん、人によりけりではあるのだが。

 

文章を書くときの道しるべに

 

使える表現の幅は広がるが、それを使いこなせるかは、書き手次第である。
だから、この一冊があれば、すぐに文章が劇的に良くなることはないだろう。

 

しかし、文章を書く手が止まったとき、道しるべになってくれる。


ページをめくっていると、使えそうな表現が、ふと目に留まることもある。

たとえ使える表現が見つからなくとも、眺めている中でアイデアが、ぽこっと浮かんでくることもある。

 

そんなことを繰り返しているうちに、本書に載っている表現も、うまく使えるようになっていくのではないだろうか。