No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』魔王を倒すことだけが正義なのか

ばらばらなストーリーが一つに収束していく

 

今まで数多くの『ドラゴンクエスト』シリーズ作品をプレイしてきた。
その中で、一番好きな作品が何かを問われれば、私は『ドラゴンクエスト導かれし者たち』だと答える。

 

f:id:if_broken:20210425123153j:plain

 

ドラクエの一歩を踏み出したきっかけは、叔父から借りた『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』だった。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

しかし、当時小学生だった私は、シリーズ随一の難易度と言われている『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』を前に挫折してしまった。

 

その後、再び叔父から渡された『ドラゴンクエスト導かれし者たち』をプレイし、見事クリアまでたどり着いた。


初めてクリアした作品だというのが、『ドラゴンクエスト導かれし者たち』が一番好きな作品だと思える最たる理由かもしれない。

 

ドラゴンクエスト導かれし者たち』は、シリーズの中で唯一オムニバス形式が取られている。

 

ストーリーが1章から5章に分かれており、それぞれで操作キャラクターが変わる。

しかしどのストーリーも無関係ではない。

 

5章では、1章から4章で操作したキャラクターが仲間になり、最終的にはパーティとして行動することになる。

 

f:id:if_broken:20210425123220j:plain

 

一見ばらばらなストーリーが、徐々に繋がっていく展開は、個人的に好きなのだ。

 

魔王の抱える悲しみ

 

魔王の抱えるものが描かれているところも、また異色である。

 

世界を制服しようとする魔王を、勇者が倒す。
それが、RPGの王道だ。

 

もちろん『ドラゴンクエスト導かれし者たち』も、勇者が魔王を倒すことになるのだが、魔王が魔王である理由がなんとも悲しいものなのだ。

 

ストーリーの最後、魔王と対峙する。

普段なら意気揚々と倒しにかかるのだが、『ドラゴンクエスト導かれし者たち』では、魔王を倒すことが本当に正義なのか、と考えされられた。

 

 

だから私は『ドラゴンクエスト導かれし者たち』が一番好きだと答える

f:id:if_broken:20210425123254j:plain

 

最初から最後まで、一人の主人公にスポットを当てる作品も好きではある。

ただ、主人公が切り替わることで、他作品よりも仲間キャラクターにも愛着が湧いてくる。


徐々に繋がっていくストーリー。

そして、生まれて初めてクリアしたドラクエ

 

ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて』は、シリーズ30周年にふさわしい作品だったし、『ドラゴンクエスト天空の花嫁』の3代に渡る壮大なストーリーも魅力的だった。

 

ただ私はこれからも、一番好きなドラクエを問われれば『ドラゴンクエスト導かれし者たち』と答えると思う。

 

 

ニンテンドーDSソフトドラゴンクエストIV ~導かれし者たち~/p>

 

apps.apple.com

 

play.google.com