No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

子どものころの夏休み気分に浸れる『妖怪ウォッチ』

子ども向けは思い違い

 

夏休み、自由研究のために、山へ虫取りに行った。
ところが、そこで出会ったのは虫ではなく、妖怪だった。

 

普通の小学生である主人公が、妖怪執事と名乗る『ウィスパー』と出会い、妖怪ウォッチを渡されたことがきっかけで、街中に潜む妖怪たちも見えるようになってしまうところから、ストーリーが展開していく。


妖怪ウォッチ』は、2014年頃に子どもたちの間でブームになった作品だ。

 

f:id:if_broken:20210509134150j:plain

 

当時の私は、あくまでも子どもの間でのブームであって、ゲームそのものも子ども向けに作られているものだと思っていた。

それは完全な思い違いであることに、気づかされることになった。

 

手軽に育成ゲームのワクワクを感じられる

 

一番魅力を感じたのは、手軽に育成ゲームを楽しめるという点だ。

 

戦闘は妖怪たちが自動で戦ってくれる。
プレイヤーがすることといえば、回復のためにアイテムを与えたり、妖怪を入れ替えたり、必殺技を使ったり。

 

f:id:if_broken:20210509134234j:plain

 

それがゲームとしてつまらないかというとそんなことはなく、手軽ゆえに誰でも楽しめるのではないかと思う。

 

妖怪の強化も、敵の妖怪を倒して経験値を得てレベルアップさせていくのだが、経験値玉というアイテムを使うことでもレベルアップができる。

 

妖怪の中には、一定のレベルに達することで進化するものもいる。
手軽ながらも、育成ゲームならではのワクワクを、しっかりと感じることができるのだ。

 

日常に追われる大人にプレイしてもらいたい

 

本作では、主人公の自宅がある『さくらニュータウン』をはじめ、様々な町を歩き回ることになる。

 

多くの人が行き交う都会。
川のせせらぎが聞こえる山の中。
自然が溢れる田舎町。

 

f:id:if_broken:20210509134320j:plain

 

歩き回っていて感じたのは、子どものころの夏休みだった。
まるで子どもの頃に戻ったような、そんな懐かしさに浸りながら、ストーリーを進めている私がいた。

 

これもまた、大人でも楽しめる魅力なのではないだろうか。

 

日常に追われている大人に、ぜひあの頃の思い出を胸に、プレイしてもらいたい作品だ。

 

f:id:if_broken:20210509134350j:plain



ニンテンドー3DSソフト妖怪ウォッチ