No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

優しい気持ちになれるRPG『英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女』

幼馴染の二人が各地を巡る物語

 

ラグピック村に住む、ジュリオとクリス。二人が住む村では、14歳になると各地のシャリネと呼ばれる祠を巡る慣習がある。

 

14歳を迎えた二人もまた、シャリネを目指して旅に出ることになる。

 

その旅の途中で、多くの人と出会い、いつしか世界の存続を揺るがす陰謀に巻き込まれていってしまう。



ジュリオとクリスは、各地を巡りながら、世界を救う手だてを探していくことになる。

 

こんなふうに『英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女』のストーリーは展開していく。

 

f:id:if_broken:20220209165555j:plain

 

 

優しい気持ちになれるRPG

 

この作品をクリアして抱いた印象は、とにかく優しいということだ。

 

世界の存続を揺るがす陰謀に巻き込まれていく。

こういったストーリー展開をするRPGはよくあるが、総じて多少は苛立ちを覚えるものである。

 

行く先々で主人公の邪魔をしてくるキャラクターが出てきたり、胸がもやっとするストーリー展開をしたり。

 

ところが、この作品はエンディングを迎えるまで、一度もこういった苛立ちを感じることがなかった。

 

出会う人は仲間であろうと敵であろうと、どこか優しさのあるキャラクターだったし、タイトルにもなっている「白き魔女」もまた、優しさに溢れる存在であった。



これほどまでに全編に渡って優しさを感じるRPGも、たまには良いものだと感じた。

 

 

セミオートバトルで進めやすい

f:id:if_broken:20220209165544j:plain

 

英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女』のバトルシステムは、セミオートバトルとなっている。

 

戦闘が開始されると、攻撃するか待機するか、各キャラクターの行動を選択する。あとはキャラクターが勝手に動き回り、敵を攻撃してくれる。戦闘中にプレイヤーがするべきことは、狙う敵を選択したり、技を使ったりするだけだ。

 

そうなるとゲーム性がないのかと思われるかもしれないが、どの敵を狙うか、どのタイミングで技を使うかの判断は重要な要素となっており、ゲーム性は損なわれていない。

 

むしろ多くの操作を要しないため、バトルが手軽であり、レベル上げも苦ではなくなっている。

 

私は調子にのってバトルを重ねた末、レベルが上がり過ぎてしまい、ラストバトルも余裕で突破してしまったほどだった。



シリーズ一作目だが、この作品だけでもプレイしてほしい

f:id:if_broken:20220209165532j:plain

 

手軽なバトルで簡単に進めながら、優しい気持ちになれるストーリーを楽しめる作品だった。

 

英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女』は、ガガーブトリロジーシリーズの1作目で、後に『朱紅い雫』『海の檻歌』と続いていく。

 

ストーリーも繋がりがあるが、『白き魔女』だけをプレイしても充分に楽しめると思うので、機会があればぜひプレイしてもらいたい。

 

 

 

PSPソフト英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女