No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

『コロッケ!夢のバンカーサバイバル』間延びした感じは否めないけど、シリーズの礎となる作品

初ゲーム化作品『コロッケ!夢のバンカーサバイバル』

 

小学生のころ、クラスではいろいろな派閥があったように思う。

 

ポケモン派かデジモン派か、とか。

コロコロ派かボンボン派か、とか。

 

私は圧倒的にポケモン派で、コロコロ派だった。

 

さてそんなコロコロコミックに『学級王ヤマザキ』というマンガが連載されていた。

アンパンマンすら問題にされる今の時代だったら、各方面からあらゆる苦情が飛んできそうな代物だった。

 

その『学級王ヤマザキ』の連載が終了した後、同じ作者が新たなマンガの連載を始める。タイトルは『コロッケ!』。

 

当時の人気漫画であった『コロッケ!』は、当然のようにゲーム化された。そんなゲーム化一作目が『コロッケ!夢のバンカーサバイバル』である。

 

 

 

原作にはないifストーリーが楽しめる

 

この作品は、原作を追体験できる内容となっている。

 

しかしプレイするキャラクターは、5人から選べる。つまり、実際には原作で起きなかったifストーリーも楽しめるわけだ。

 

原作ファンにとっては、まさに「夢の」作品と言えるかもしれない。

 

また本作はシンボルエンカウントで戦闘に移行するRPG的なゲームであるが、その戦闘システムは格闘ゲームのようになっている。

 

 

様々なゲーム性を楽しめるのは、この作品のポイントとも言える。



ただただ敵を倒すだけになってしまう

 

ところがゲームとして見ると、少しばかり間延びした感じを抱いてしまった。



目的はタイトルにもなっている『バンカーサバイバル』という大会で優勝することだ。

 

大会の予選から決勝戦までを戦い抜くことになるのだが、基本的には同じことをすることになる。

 

予選は、制限時間内に敵を倒すと手に入る禁貨を500枚集めればクリア。

一回戦は、同様に禁貨を1500枚集めればクリア。

二回戦は、敵を倒して手に入るカレーの材料を集めればクリア。

勝戦は、対戦相手を倒せばクリア。

 

各キャラクターで使ってくる技や特徴が違うし、二回戦こそ手に入る材料がランダムなので、多少の毛色の違いはある。しかし、要は目の前の敵をひたすら倒し続けるゲームとなっているのだ。

 

原作ありきの作品だからか、ゲーム中で詳しくストーリーが展開されるようなこともない。その点を考えるとRPG要素は少ないと言わざるを得ない。



シリーズの始まりを印象付ける一作

 

間延びした印象は受けるが、シリーズの始まりを印象付ける一作だとも思っている。

 

シンボルエンカウントで、戦闘そのものは格闘ゲームのような戦闘システムは、今後のシリーズにも引き継がれている基本的なシステムだ。

 

キャラクターにはボイスもなければ、ゲーム性も一辺倒さを感じてしまうけれど、シリーズの基礎を築き上げた記念すべき一作目としての、大きな存在に触れたような気はしている。

 

 

 

 

GBAソフトコロッケ~夢のバンカーサバイバル~ (箱説なし)