No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

登場人物に愛着を持ってはいけない『ハング』

怒りや悲しみが前面に打ち出された重厚感のある作品

 

これまで、誉田哲也さんの作品はたくさん読んできた。

 

警察が中心に描かれた作品が多いため、怒りや悲しみの描写はたくさんある。

 

また、ハードな表現で、重厚感のある作品が多いのも特徴である。

 

しかし、そんな作品の中でも『ハング』は、群を抜いて怒りや悲しみが前面に打ち出されており、ハードさも他の作品を凌ぐ作品だと思う。

 

f:id:if_broken:20210111150044j:plain



序盤と終盤で浮き彫りになる物語の明暗

 

物語は、警察官の主人公が、同じ班のメンバーたちとキャンプを楽しむシーンから始まる。

束の間の、楽しい非日常。

 

そして、日常の警察の業務に戻っていく一行。

 

ところがそこから、今までの業務ではなく、主人公たちの日常が徐々に歪んでいくことになるのだ。

 

主人公が所属する班は、ある事件の犯人を自供により逮捕する。しかし犯人は、公判で自供を強要されたと証言を覆してしまう。

 

そして、その翌日、班のメンバーの一人が首吊り自殺をしてしまう。



主人公の周囲で様々な事件が巻き起こっていくのは、他の作品でも描かれていることだし、ミステリー作品、警察小説である以上は普通のこと。

 

しかし、その過程での悲しみや暗さが異常なのである。



物語の始まりが明るいだけに、終盤の暗さとの対比が強くなり、読後の悲しみを強くしていると感じた。



登場人物に愛着を持ったら最後

f:id:if_broken:20210111150104j:plain

 

警察が犯人を追い詰めていく。

その基本的な流れはありながら、他の作品にはない展開をしていく『ハング』。

 

作品を読み進めていく中で、次々に起きる事件。

連鎖していく悲しみ。

 

登場人物に愛着を持ったら最後、おそらく読後の救いのなさに絶望することになる。

 

そんな読後感を、実感してもらいたい。