No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

誉田哲也さんの魅力溢れる、姫川シリーズ初めての人にも勧めたい一冊『シンメトリー』

7つの短編が楽しめる『シンメトリー』

 

 

シンメトリー【symmetry】

左右対称であること。左右の各部分のつりあいがとれていること。また、そのさま。

(デジタル大辞泉 より)

 

誉田哲也さんの小説『シンメトリー』は、『ストロベリーナイト』をはじめとする、姫川シリーズの3作目にあたる作品である。

 

1作目の『ストロベリーナイト』、2作目の『ソウルケイジ』とは異なり、姫川シリーズとしては初の短編集。表題作である『シンメトリー』を含む7つの短編が収録されている。



『シンメトリー』に隠された左右対称

 

表題作『シンメトリー』はタイトルの通り、左右対称であることがポイントとなるストーリーであり、だからこそ『シンメトリー』というタイトルがつけられている。



ところが、このシンメトリーの要素は、一冊の中の様々な場所に隠されているのである。



たとえば、各話のタイトルはこんな並びになっている。

 

・東京

・過ぎた正義

・右では殴らない

・シンメトリー

・左だけ見た場合

・悪しき実

・手紙

 

書籍では縦書き、つまり目次も左右対称になっているのだ。

 

f:id:if_broken:20201116123942j:plain

 

またそれぞれのストーリーの内容も、左右対称が意識されているように思う。

 

6年前の過去の話が展開される『東京』。

それに対する『手紙』では、5年前という過去の話が中心となっている。

 

『右では殴らない』と『左だけ見た場合』は、タイトルに右と左という対義語が含まれているし、ストーリーにも似たような描写があったり、同じ単語が使われていたりする。



これは私の思い違いかもしれないが、『シンメトリー』の登場人物の1人である小川実春。彼女の名前も、縦書きで見たときに左右対称となるように意識しているのではないだろうか。



一冊を通して読み終えたところで、いたるところにシンメトリーの要素が散りばめられているように感じ、また最初から読み返してしまった。

 

 

隠された遊び心を楽しめる一冊

f:id:if_broken:20201116123926j:plain

 

ストーリーで楽しませてくれるだけでなく、細かなところに遊び心を潜ませることでも読者を楽しませてくれる。そんな誉田哲也さんの魅力がつまった作品となっている。



1つ1つの話も短く、読みやすい。

それでいて、姫川シリーズの重厚感はしっかりと楽しめる。

 

多少時系列が前後してしまうが、姫川シリーズを初めて読む人にもおすすめしたい一冊である。