No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

十数年の時を経たリベンジの果ての新たな発見『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』

ドラゴンクエストエデンの戦士たち』への再挑戦

f:id:if_broken:20210508154730j:plain

 

ドラゴンクエストエデンの戦士たち

私が初めて触れたドラクエシリーズであり、初めて挫折を味わった作品でもある。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

オリジナルは、2000年に発売されたプレイステーション版である。それから13年後の2013年に、ニンテンドー3DSでリメイク作が発売された。

 

プレイステーション版は、ネットが普及していなかった時代背景に加え、ゲームそのものの難易度が高かったが、ニンテンドー3DS版は、そのあたりが緩和されている。

 

私は、大人になって改めて、ニンテンドー3DS版にリベンジし、無事にクリアした。

クリアしてみて、子どものときにはなかった感情を抱いた。

 

難易度、ストーリー展開、すべてが悪印象だった

f:id:if_broken:20210508154823j:plain

 

正直に言うと、『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』には、良い印象が無かった。

 

何度も書いているように、難易度が高く、挫折してしまったのも理由の一つではあるが、もう一つ理由がある。


誰がとはいわないが、メインキャラクターがストーリーの比較的序盤で離脱してしまうのだ。

 

当時から、冒険を進めて、仲間が徐々に増えていくストーリー展開が好きだった私には、このキャラクターが離脱するというのに納得ができなかった。

 

ただ、ドラゴンクエストシリーズでパーティメンバーが離脱することは、決して珍しいことではない。ストーリーの途中で一旦離脱し、またストーリーが進むことでパーティに戻ってくる。

 

ところが本作で離脱するキャラクターは、離脱した後、二度と戻ってくることはない。

 

ドラクエシリーズにおいて、メインのキャラクターが永久に離脱してしまうというのは、後にも先にも本作だけではないだろうか。

 

この『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』の特殊なストーリー展開に、どうしてもなじむことができなかった。

 

ところが、大人になってみると、ものの見方は変わるものである。
離脱するキャラクターと、後々仲間になるキャラクターの関係性を改めて考えたところ、これも一つの形なのではないかと思えたのだ。

 


そして迎えるエンディング。

 

本作は石板がストーリーの鍵となっている。
世界中を巡って石板の欠片を探し、石板を完成させることで新たな世界に旅立てる。

 

そんな石板は、エンディングでも重要な役割を担っている。

 

エンディングだけで言えば、『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』がシリーズ中で最も好きだと感じた。


やはりゲームは、プレイする年齢によって感じ方が変わるのだと、改めて実感した。

 

十数年の時を経て

f:id:if_broken:20210508154903j:plain



ゲームなんて、やりたくなければやらなくても良いものだ。
子どもの頃の挫折から、このゲームに触れずに生きていくこともできただろう。

 

けれども、私は今一度『ドラゴンクエストエデンの戦士たち』に触れてみる選択をした。

 

 

そして、新たな発見をすることができた。
あのときには見えなかったものが見えた。

 

十数年の時を経てでもクリアしてよかったと思う。

 

 

ニンテンドー3DSソフトドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

 

PSソフトドラゴンクエストVII エデンの戦士たち[PS one Books]