No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

改めて感じるグラフィックのすごさ『ドンキーコングランド』

大人になって感じ方が変わった

 

数あるゲームボーイソフトの中でも、非常に評価が高い『ドンキーコングランド』。

 

f:id:if_broken:20201224180438j:plain

 

スーパーファミコンで発売された『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』を、携帯ゲーム機であるゲームボーイ用にアレンジされた作品でもある。

 

幼い頃に少し触れたことはあったが、大人になった今、改めてプレイしてみて、幼いころには感じることがなかった、評価が高い理由を感じ取ることができた。



グラフィックに驚かされる

f:id:if_broken:20201224180452j:plain

 

そもそも、『ドンキーコング』シリーズは、全般的にグラフィックのレベルが高いと言われている。

 

ドット絵が主流であったスーパーファミコンで発売した『スーパードンキーコング』も、ドットでキャラクターや背景を3DCGのように表現し、さらには空のグラデーションすらも再現していた。

 

この『スーパードンキーコング』をゲームボーイ用にアレンジした『スーパードンキーコングGB』。こちらでも、グラフィックは作り込まれ、ゲームボーイとは思えない表現がなされていた。

 

しかし、モノクロ画面であるゲームボーイで背景のグラフィックを作り込み過ぎたために、キャラクターが見づらくなり、難易度が上がってしまったという弊害もあった。



ドンキーコングランド』でも、もちろんレベルの高いグラフィックで作られているのだが、前作の反省が活かされており、背景の表現は簡素になり、キャラクターが見やすくなっている。

 

かといってグラフィックが劣化しているわけではなく、グラフィックのすばらしさを感じ取れる。

 

幼いころはそれほど気にしていなかったが、ゲームボーイでこのグラフィックを再現していることを改めて考えると、驚くばかりだ。

 

f:id:if_broken:20201224180506j:plain

 

 

何度も挑戦して乗り越える

 

ドンキーコング』シリーズは難易度が高めであることも有名。

 

幼い頃の私は、その難易度ゆえに、序盤で行き詰ったことを覚えている。

 

大人になってからも、幼い頃と同じようなステージで行き詰った。

 

しかし、何度も挑戦することでステージの構成や敵の動きがわかってくる。

そして、最初は行き詰ったステージでも、無事に突破できた。

 

単に難しいわけではなく、何度も挑戦することで成長が感じられる作品なのだと、大人になった今、わかったような気がするのだ。



時間が経ったことで感じ方が変わる。

それもレトロゲームの魅力かもしれない。



GBソフトドンキーコングランド (箱説なし)