No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

シンプルだから初めてでも触れやすい『GB原人』

PCエンジンから生まれた『PC原人

 

PCエンジンというゲームハードがある。

 

私は未だ、このゲームハードに触れたことはない。そもそも現物すら見た記憶がない。

ゆえにどのようなゲームが発売されているのかも、よくわかっていない。

 

そんな私でも知っている、PCエンジン用のゲームソフトが一つだけある。

 

PC原人』だ。

 

PCエンジンの名をもじってつけられたそのタイトルは、一発でPCエンジン用のゲームソフトであることを知らしめる。



いつしか有名ゲームシリーズの一つとなった原人シリーズは、その後ファミコン向けの『FC原人』やゲームボーイ向けの『GB原人』も発売された。



シンプルで遊びやすい

 

私はよく、ゲームショップのワゴンを漁っている。

ワゴンの中には、見たこともないようなゲームソフトが溢れかえっていて、そこから新たな出会いをすくいあげるのが、たまらなく楽しいのだ。

 

その日もワゴンを漁っていたのだけど、ふと見覚えのあるキャラクターが目に入った。坊主頭の可愛らしいキャラクター。



ゲームボーイの『原人コレクション』だった。

 

f:id:if_broken:20210831175507j:plain

 

『原人コレクション』は、ゲームボーイで発売された『GB原人』『GB原人2』『GB原人ランド ビバ!ちっくん王国』の3作品が収録されたものらしい。

 

私は迷うことなく、すぐに購入した。



こうして私の原人シリーズ初挑戦の作品は『GB原人』となった。

 

f:id:if_broken:20210831175525j:plain

 

Aボタンでジャンプ、Bボタンで攻撃しながら、ゴールを目指して進んでいく。

道中に落ちている肉を取るとパワーアップし、Bボタンを押したときの攻撃が変化する。

 

いわゆるスタンダードな横スクロールアクションゲームだ。

 

言ってしまえば、取り立てて特徴はないのかもしれない。でもそれは、つまりシンプルで遊びやすいということだとも言える。

 

ゲームボーイの作品ということもあり、短時間でさくっとクリアできるのも、シンプルさをより強調させる。

 

難易度もそれほど高くはない。

私でも1時間ほどで、クリアすることができた。



ゲームはボリュームが大切と言われる今となっては、ボリューム不足と言われるのかもしれない。

 

しかし娯楽で溢れた現代では、こうやって短時間で最後まで楽しめるゲームの存在も欠かせない。そう私は思っている。



新たな出会いをくれた一作

f:id:if_broken:20210831175539j:plain

 

 

『GB原人』はクリアしたけれど、まだ『GB原人2』『GB原人ランド ビバ!ちっくん王国』という楽しみが残っている。

 

今から楽しみで仕方がない。

なんだったら、他のハードの作品にも触れてみたいとすら思う。

 

どんなゲームかは知っていても、実際に触れてみないと魅力はわからないもの。

 

だからこそ、これからもいろんな作品に触れてみよう。

そんなふうに思わせてくれる、新たな出会いをくれた。

 

 

GBソフトGB原人コレクション ゲーム缶VOL.3 (箱説なし)