No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

夢をみる島から脱出するための冒険へ『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』

夢をみる島に流れ着いたリンクの冒険

 

嵐の中、雷に打たれ意識を失い、ある島に流れ着いたリンク。

その島は、夢をみる島「コホリント島」。

 

夢をみる島から出るためには、「かぜのさかな」を目覚めさせなくてはならない。

リンクは、「かぜのさかな」を目覚めさせるために、島中を冒険することとなる。

 

そんなリンクの冒険を描いたゲームボーイ用ソフト『ゼルダの伝説 夢をみる島』を、ゲームボーイカラー向けにリメイクした作品が『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』である。

 

f:id:if_broken:20210115115811j:plain

 

 

ゼルダの伝説シリーズが初めてでも楽しめる

 

ゼルダの伝説シリーズは数多くあるが、私がクリアしたのは、この『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』が初めてである。

 

ジャンルはアクションアドベンチャーだから、敵との戦いも難しかった。

 

特定の武器でないと倒せない敵。

特徴を掴まないと、倒すのが困難なボス。

 

そして、操作の面でも驚かされる。

 

ゲームボーイゲームボーイカラーは、十字ボタンとAボタン、Bボタンだけしかない。

それにもかかわらず、豊富な操作を必要とするのだ。

 

少ないボタンで、様々な操作をさせる作りは、実際に触っていて感心させられる。

 

f:id:if_broken:20210115115918j:plain

 

ゲーム中、難しかったのはアクション部分だけではない。

 

ダンジョンを進むには、謎解きをしていく必要があるのだ。

私のひらめき力では、進めるのにかなり苦労することになった。



しかし、苦労したからこそ、クリアできたことの喜びは強く、ゼルダの伝説シリーズの面白さに気づけた。



感傷に浸るエンディング

 

様々な困難を乗り越えてダンジョンをクリアしていき、ストーリーの最後、リンクはボスを倒すことになる。

 

当然ボスを倒せば、夢をみる島の秘密は判明し、ストーリーは終わる。

 

ただ、エンディングを迎えると、本当に「かぜのさかな」を目覚めさせて、コホリント島から出ることが正解だったのか、わからなくなってしまった。



そんな感傷に浸ってしまうようなストーリーも、『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』の魅力だと思う。

 

初めてクリアした作品が『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』でよかった。

 

GBソフトゼルダの伝説 夢をみる島DX



Nintendo Switchでリメイクされていて、こちらも新たな魅力がある。