No Sense Life ~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

No Sense Life

~センスゼロ社会人が豊かで少しおしゃれな生活を目指すライフログ~

バッチ16個の感動

登下校はゲーム情報のやりとりの時間

 

ゲームをたくさん遊んでいると、感動する場面に出会うことは多々ある。

 

ストーリーに感動することもあったし、音楽のすばらしさに感動することもあった。

難しくてなかなか進めなかったところを、なんとか突破したときの感動もある。

 

感動した思い出は数あれど、中でも最も感動が強かったのは『ポケットモンスター金・銀』だ。

 

f:id:if_broken:20210213154343j:plain

 

ポケモン金・銀』が発売された当時、私は小学2年生。

 

周りの友だちの間でもポケモンは流行していて、男女関係なく『ポケモン金・銀』をプレイしていた。



今でこそネットを使えば攻略情報など、ゲームの情報は簡単に手に入るけれど、当時はそんなことはできなかった。

 

だから、登下校の時間には、ゲームの情報のやりとりが繰り広げられていた。



「ジムバッチは16個ある」

 

やりとりされる情報は、全部が全部、信用できるものではなかった。

 

幻のポケモンを出す方法とか、ポケモンをコピーする方法とか、どこで仕入れたのかわからないような情報が飛び交っていた。

 

そんな噓か真かわからない情報の中で、私をひきつけたものがあった。

 

「ジムバッチは16個ある」



ポケモンをプレイしたことがある人はご存知だろうが、各地にいるジムリーダーを倒して8つのジムバッチを手に入れ、四天王に挑戦するのが、ポケモンのゲームの目的の一つとなっている。

 

ポケモン一作目の『ポケモン赤・緑』もそうだったし、『ポケモン金・銀』でも、それは変わらなかった。

 

それなのに、ある友だちは、ジムバッチは16個あると言い始めたのだ。



私はにわかには信じられなかった。

その友だちを疑うつもりはなかったが、すぐに信じられるものでもなかった。



それからというもの、期待半分、不安半分でゲームを進めることになった。




当たり前を良い意味で裏切られた感動

 

学校が終わり、就寝までの少しの時間を使って、コツコツと進めていき、ついにそのときが訪れた。

 

ポケモン金・銀』では、ジョウト地方という場所を冒険し、ジムバッチを集めていく。そして、四天王を倒し殿堂入りすれば、冒険は一区切りとなる。

 

やっと、そこまで行ったのだ。

 

どうしても欲しかったエーフィが、なかなか手に入らず、試行錯誤するという横道に逸れたこともあったが、なんとか本来のゲームの目的は達成できた。

 

no-sense-life.hatenablog.jp

 

さてここで、一区切りを迎えた私を驚かせることが起きる。

 

次はカントー地方に行くというのだ。

 

カントー地方とは、前作『ポケモン赤・緑』の冒険の舞台だ。

 

前作の舞台を再び冒険できるという感動。

そして、当然カントー地方にも、各地にジムがある。

 

つまり、ここでもジムバッチを集めていくことになるわけだ。

 

そう、友だちが言っていたことは本当だったのだ。

 

f:id:if_broken:20210213154443j:plain

 

「ジムバッチを8個集める」ことが当たり前だと思っていた中、実は「16個のジムバッチを集める」ことができると知ったときの感動。

 

今思い出しても、ワクワクする。